鹿島吟行

鹿島吟行       10月8日(日)―9日(月)

鹿島神宮駅に立待月の11時ごろに着く。快晴の秋の日であった。

a0090198_21171848.jpg

根本寺へ行く道すがらの蜂の巣にみんな興味深々。
    
a0090198_21184769.jpg

根本寺はこじんまりしたお寺であった。

月の出づ方角を見る根本寺     禎子
   
月はちょうど本堂の裏山から上る。

有名な芭蕉の句碑
月はやし梢は雨を待ながら     桃青
   
a0090198_21222171.jpg

根本寺を出て鹿島神宮へ向かう。

鹿島アントラーズの本拠地らしい風景。
     
a0090198_8355815.jpg

途中の昼食を摂ったお店

a0090198_21241516.jpg
              
神宮の参道にある蕎麦屋さんで、たっぷりと盛られた常陸蕎麦に、そして添えてある小さなフライパンほどの掻き揚げを食べる。このお店は山下清の鹿島神宮の絵がかけてある。

鹿島神宮は古代からの木々の森があり、いかにも神が住みたもうという宮だった。

a0090198_10304275.jpg

玉砂利に足沈むなり神の留守     幸行子    

娘さんと母親がながながと祈っていたのが印象的だった。

「鹿島」の由来の鹿の園があり、鳴き声は、想像していたよりきれいではないのでちょっと幻滅。でも、仔鹿はやはり可愛い。

鹿の鼻ぬれて鹿島の要石     喜代子


a0090198_21322924.jpg
    

境内の茶店で、黍団子を食べつつ霊泉で淹れたコーヒーを飲み民宿へ。

鹿島灘に面する民宿に着く。宿の真ん前に荒波がうねっている。

浜駆ける犬の足跡秋夕日      伸子    
a0090198_2133215.jpg


立待月は六時近くに鹿島灘の海面から昇りだした。

a0090198_10213323.jpg

月の出を待つ人の影動きだし     洋子

月光を水に貼りたる漁師町     喜代子

灘の月ぐぐと上りて大きけれ     うさぎ

月の波上りつめては崩れては     雅子

月を載せ瓦の威風保ちけり     舞

波間には銀の蛇ゐる立待月      伸子
   

夜更けの波頭が月光を反射して輝いていた。沖は霧か靄かが壁のように立っていた。

海鳴って十七夜の光ゲ揉みしだく     恵子

ひと眠りふた眠りては月仰ぐ     幸行子

こうして立待月の一夜が過ぎた。

9日(月)

明け方から沈む月を見るために起きだした。

a0090198_21353357.jpg

月が沈んだのは日の出よりずっと後であった。

a0090198_213651.jpg


遅い朝食の後、宿の主人のワゴンで鹿島漁港へ行く。

車の中で、朝起きたハプニングの、

蛤と化して汀へ濡れ伏しぬ     うさぎ

というアンハッピーなことに関わらず、話に盛り上がり、

旅半ば笑ひを隠す秋日和     雅子

と。

秋天や風車の向きのそれぞれに      紀子

風車の立つコンビナートを抜けて漁港へ。

a0090198_21363747.jpg


そして低気圧で前々日に貨物船が座礁した神栖へ行くことになる。神栖公園には鹿島灘を見渡す展望塔があった。船は見えなかったが、360度の展望。

貨物船ゆるりと入る秋の昼     洋子

a0090198_21372147.jpg

公園は

海荒れてまてば椎の実吹き溜る     恵子

鹿島は

コンビナートも貝も真白き秋思かな     喜代子

そして、常陸野は

電線の空へ背高泡立草     雅子        

という鹿島吟行であった。

                       文・写真 上田禎子
[PR]
# by basyou-ninin | 2006-10-08 09:02 | 吟行

ゑのころや犬をほめられて嬉し

我が家の、寿々丸を散歩させていたら、通りがかったおじさんに、いい顔しているねえ(犬が)、いい犬だねえ、とほめられました。うんうん分かるひとには分かるのだ。寿々丸もなんとなく、褒められているのが分かるみたいで、いいささかかしこまっておりました。
毎日犬の散歩のために生きている様でもありますが私も山の中の道を散歩するのが好きで、これは唯一の私の楽しみでもあるのです。(なんと淋しい生活!)雨は雨で、かっぱを着て、犬と、雨の匂いをかぎながら歩き回ってくると、ストレス解消になり、ににんのつらい20句出しの席題句会のことも、ワスレられるのであります。
疲れすぎた頭と、運動不足には、ダイエットには、しば犬を!
尾崎じゅん木
[PR]
# by basyou-ninin | 2006-10-04 21:37

嵯峨野吟行

          嵯峨野吟行    2006年6月19日(月)

阪急嵐山駅から小さな橋を越えて、中の島へ。

                  鄙びた感じの中ノ島橋を渡る
a0090198_16228.jpg


この角度から渡月橋を見るのははじめてです。川原に光りが溢れていました。
強い日差しを浴びながら、しばらくは燕が何度も橋桁をくぐったり、白鷺が羽をひろげていたり、釣り人が竿をしならせるのを眺めていました。それから、渡月橋を渡りました。

暑き日を承知の助の嵯峨詣    伊丹竹野子
                     
                    中の島から渡月橋を見る
a0090198_20285745.jpg

                  渡月橋を横断する幼稚園生たち
a0090198_010136.jpg

美しい緑の竹林を左右に見て、野宮へ。
a0090198_23153594.jpg

竹皮を脱ぎてヒスイの色になり    上田禎子
a0090198_3262455.jpg


面影に似て石仏竹落葉    西田もとつぐ

黒木の鳥居、小柴垣の野宮は、こじんまりと清らかな感じのする神社です。
                     
                     境内の赤い鳥居と苔
a0090198_1222731.jpg

常寂光寺では鐘の音が聞けました。ギンヤンマが鐘のひびきに釣られたように、鐘撞堂に向かって、ホーバリングを繰り返していました。
a0090198_034052.jpg

落柿舎では投句箱がもうけてあり、皆、一句を投げ入れた様子でした。
a0090198_0214858.jpg

花南天日まみれの虫まとひつき    武井伸子

去来の墓、まるで結界のように、蜘蛛の糸が張り巡らされていました。
a0090198_1343842.jpg

大日如来、平清盛、祇王、祇女、仏御前などの木造像が安置されている祇王寺。ここの猫はたいへんな美形でした。
a0090198_221996.jpg

祇王寺のまつ白な猫涼しかり    浅見優子

光りの加減が美しい吉野窓。
a0090198_2565830.jpg

梅雨明けの山風通す吉野窓    平林恵子

檀林寺前に止まっていた人力車。嵯峨野散策のあちこちで出会いました。
a0090198_304133.jpg


鱧食べてゐる父母が居るやうに    岩淵喜代子

遅い昼食をとりながら句を作り、嵯峨野吟行を終えました。


                   文・写真/武井伸子

   
     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


                    番外編 蛍の夜
                
                  哲学の道から夕焼けをのぞむ
a0090198_13414038.jpg

蛍は飛ぶのを見るのが最上ですが、また、蛍の出るのを待つのも楽しいことと経験しました。特に京都の、哲学の道にですから、東女にとってはめったにないことで、わくわくしました。結果は飛んだのを見たのは数えるほどでしたが、木や疎水の草に無数にとまって、きらきらと宝石のように輝いていました。いっせいに飛び立って乱舞する風情を想像しながらの帰り道でした。
                    
                   文・上田禎子/写真・武井伸子


「吟行燦燦」以前のににん吟行は、こちらのページに掲載しています。
[PR]
# by basyou-ninin | 2006-06-19 09:00 | 吟行

鬼貫吟行

              鬼貫吟行    2006.6.18(日)

「吟行燦燦」第1回目は、上嶋鬼貫を訪ねて、兵庫県伊丹市へ飛びました(この吟行は俳誌「ににん」24号より誌上掲載されます)。
まずは柿衞文庫で、伊丹の俳人「上嶋鬼貫」に関するレクチャーを学芸員の岡田麗氏から受けました。
柿衞文庫は鬼貫研究でも知られる俳文学者、岡田利兵衞(雅号 柿衞)の蒐集品からなり、俳書を中心に書籍、約3500点、さらに軸物、短冊などの真蹟類約6000点を蔵しています。
またここでは、鬼貫の時代、宗旦がひらいた俳諧塾にちなみ、平成5年から也雲軒(塾頭 坪内稔典氏)の俳句塾が活動しています。

膝だいてゐる鬼貫の夕涼み    岩淵喜代子
                        
                        柿衞文庫
a0090198_4383838.jpg

旧岡田家住宅・酒造などを見学して、岡田麗氏のご案内で、伊丹の町へ。寛文以後、70軒以上の酒造家が軒を連ねていたという伊丹。富裕層はその経済力にものをいわせて、あらゆる学芸に親しんでいたといいます。俳諧もそのひとつ。寛文から元文にかけて、100名をこえる俳人が活躍していたというから、まさに俳諧の町だったわけです。鬼貫の家も油屋という酒造家でした。

酒蔵に芒種の月のあがりけり    西田もとつぐ

鬼貫もくぐりし酒蔵夏暖簾      武井伸子
            
                       旧岡田家酒造
a0090198_16175318.jpg


万治4年(1661)に生をうけ、元文3年(1738)に78歳で亡くなった鬼貫は、大阪鳳林寺に葬られていますが、ここ墨染寺にも長男永太郎との親子墓があります。

鬼貫の墓あり西日真正面    平林恵子

                      墨染寺 鬼貫親子墓
a0090198_1715146.jpg


猪名野神社にある鬼貫の句碑。剥落がはじまっているようで、少し土台が心元ない感じでした。足元の地面には春蝉の穴らしき穴がいくつか。敷地内には亀の池や珍しい土俵がありました。

              鬼貫句碑 鳥はまだ口もほどけず初桜
a0090198_17264078.jpg


整然とならんだ、神社の掃除道具。
a0090198_17492161.jpg


伊丹の町で、立ち止まっては岡田麗氏(右から2人目)のレクチャーにメモをとる「ににん」メンバー。
a0090198_17371612.jpg


最後の訪問は荒村寺。ここにも鬼貫の句碑がありました。
これは出迎えてくれた、犬。
a0090198_18583120.jpg

薄西日犬の留守番荒村寺    浅見優子
               
                  
               鬼貫句碑 古城や茨くろなるきりぎりす
a0090198_1923775.jpg


夏帽子鬼貫の句碑めぐりけり     上田禎子

昆陽池のほとりの宿り明け易し    伊丹竹野子

ここを出る頃には、路面に西日があたり、旅の空は暮れはじめていました。
明日は嵯峨野吟行。楽しみです。


                     
                     写真・文/武井伸子


「吟行燦燦」以前のににん吟行は、こちらのページに掲載しています。
            
[PR]
# by basyou-ninin | 2006-06-18 09:00 | 吟行

渡良瀬遊水地 野焼き吟行


            渡良瀬遊水地 野焼き吟行   2013.3.17
 
渡良瀬に春を告げる行事、葦焼きが3月17日に行われた。
良質の葦を育て、害虫を駆除するために、また希少植物の生態系維持ためにも昭和30年代に始まった渡良瀬遊水地の葦焼きだが、2011年は震災直後で中止となり、2012年は福島第1原子発電所事故の影響で葦を焼いた後の放射性物質飛散の心配から取り止めとなった。
今年は国などの放射性物質の検査で安全性に問題ないとされ3年ぶりの葦焼きとなった。

渡良瀬遊水地は栃木・群馬・茨城・埼玉4県に跨っている。
遊水地の広さは山手線の内側の南半分とほぼ同じ3300ヘクタールでその半分の1500ヘクタール弱が本州最大級の葦の湿地帯である。
そして貴重な猛禽類のチョウヒやオオタカを頂点として生態系ピラミットが構成され大変貴重な場所となっている。
24年7月ラムサール条約に登録された遊水地である。
しかしながら、この渡良瀬遊水地の建設には、悲惨な歴史がある。それは明治10年の頃、足尾銅山からの鉱毒のため渡良瀬川の流域の村々では作物が枯れるという被害がでた。
被害者は抗議行動を起こした。川俣事件である。また田中正造の直訴事件等も起きている。
明治政府は、この解決のために足尾銅山の操業を止めその代わりに、毒の水を溜める「渡良瀬遊水地」の建設を行うことにしたのである。
その犠牲になったのが、強制立ち退きを余儀なくされた旧谷中村の住民であった。
住民は長年さまざまな苦労を重ねたが、結局大正6年に谷中村は名実共に滅亡したのである。
その村の跡が、「渡良瀬遊水地」なのである。
現在もこの地に谷中村遺跡として雷電神社跡、村役場跡、小学校跡、延命院墓地跡等がある。

この日天候に恵まれ、予定の時間に葦焼きが始まった。私たちが現地に着いたときは第1回目の火入れが既に行われ、遠方の葦原は、勢いよく炎を上げていた。
それにも増して黒煙の立ち上がる姿は、怪獣を思わせる様である。
思わず、唾をのみ込んだ。こんな大規模な野焼を見るのは、初めてなのである。

2回目の火入れは、私たちが見ている大土手に近い所で、野焼守りが一抱えの葦に種火を点け火入れをした。乾いた葦はパチパチと音を立て燃え上がり、大きな火柱となった。
風に煽られ、あっという間に炎は20メートル位嘗め尽くした。声も出ず、ただただ炎の先を、見詰めるばかりである。
大土手には溢れるばかりの人である。
カメラマンの姿も多く見られ、それぞれがシャッターチャンスを狙っていた。カメラマンも興奮していたのでしょうか。結構荒だった言葉を周りの人に、投げかけていたカメラマンも居たようだ。
少し下火になり、子供の何か叫ぶ声が土手の下で聞こえた。私たちも土手から下へ降りた。
少し遅れて来た友の姿が土手の上に見えた。手を振ると、友も土手から下へ降りてきた。これで全員揃った。
葦の燃えた跡は蒼黒い色と化し、白い煙がところどころに立ち上り、末黒野となっていた。煙に紛れて雲雀の声がした。目の前の柳には、既に緑色の芽がではじめていた。

消防自動車が数台来ている。葦焼きの火の消える最後まで見届けるのであろう。
葦簀農家の男衆が手に鎌を持って安堵した表情で歩いている姿にも出合った。
今年は葦焼きの面積を、例年の4割程度少なくしたが、風が強く予定した葦原より少し多く焼いたようだ。
まだ、葦原の先の方は、煙が立ち、赤い炎は見えていたが、眼前は大半が末黒野と化したので、私たちは帰る事にした。
周りに居た人達も何事もなかったような素振りで三々五々帰り始めていた。
足元に黒い虫が這っているのかと思い、足を止めた。
腰を屈めそれを見ると動かない。虫ではないとホッとした。が土手にも道にも、黒い羽のような燃え滓が散らばっていたのである。少し気味が悪かった。
土手を挟んで、遊水地の反対側は住宅街である。よく見ると、それぞれの住宅の窓はきちっと閉ざされていた。放射性物質の飛散を少しでもシャットアウトしたい住民の気持ちの現れかも知れないと、思った。
何だか体中の力が抜け、お昼も過ぎているのに空腹であることも、気にならず、タクシーに乗り込んだ。
 
栃木駅に着くとまず昼食をとった。
相談したわけでもないのに、全員ハンバーグ定食と甘いデザート。とても美味しかった。
昼食後、蔵の街まで足を伸ばした。
巴波川の船着き場から都賀舟に乗りこんだ。それぞれが菅傘を被り舟の客となる。
そう長くない川の距離を往復した。
船頭は長い棹を持ち慣れた手つきで舟を操る。
その都度、川の名前や例幣使街道のことや、川の側の蔵づくりの屋敷の話等分りやすく語ってくれた。
巴波川の片側には大きな蔵屋敷が立ち並び、それを見ながらの舟遊びは、江戸時代に遡った錯覚に襲われた。なんとも風情な気分である。
川の行く手には、残り鴨が数羽、羽繕いをしている。
川を覗き込むと、たくさんの大きな鯉が泳ぎ、人懐こく舟に寄ってきた。
船頭から鯉の餌を買い、鯉に餌を撒いた。
そして、その川面をよく見ていると黒い滓のようなものが浮いていた。船頭は葦焼きの燃え滓だと言う。びっくりした。こんな所まで風に乗って飛んできたのである。
葦の燃え滓は川ばかりでなく、道路の至る所にも落ちていた。
足元にふわふわと寄る黒い葦の滓を目で追いながら、駅舎に急いだ。

           文/牧野洋子 写真/鈴木厚子・武井伸子
[PR]
# by basyou-ninin | 2003-03-17 10:00