<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

安芸宮島・尾道・鞆の浦

         安芸宮島・尾道・鞆の浦  2011.5.21~23

21日 1日目 宮島

前日までの天気予報は雨だったが、この日は曇り。
西へ西へ、車窓に青田が続き、列車は東京を離れてゆく。
新幹線を広島で降り、在来線で宮島口へ。
フェリーで宮島に渡る。
旅館に落ち着いてから、まずは弥山へロープウェイで上る。
瀬戸内の島々が穏やかな海に点在している。
海風にきたえられているのか、島の揚羽蝶が目にもとまらぬ速さで飛んでいた。

夕方は遊船に乗る。
海から見る大鳥居が島を守っているようだった。
a0090198_302917.jpg

遊船の隅に神棚共に揺れ    岩淵喜代子

声かけるたび遠ざかる袋角   武井伸子
a0090198_2141435.jpg

 
22日 2日目 尾道 

朝は厳島神社へ。
朱塗りの回廊がどこから見ても鮮やかだ。
a0090198_364558.jpg

潮が満ちてきている。
a0090198_2364186.jpg

潮が引いた砂地を平家蟹がいっせいに、影のように動く。
砂穴を出たり入ったり。
回廊から眺めていると、飽きない。
白鷺が、少しずつ満ちてくる潮の中に立ち尽くしていた。
a0090198_2173195.jpg


思いがけず、「蘭陵王」の奉納舞を見ることができた。
a0090198_217571.jpg

笙、篳篥、笛、太鼓。ときどきうぐいすが合奏する。
向うに大鳥居が見える。
a0090198_2191598.jpg

白鷺のやうに神官ひるがへり   上田禎子

夏うぐひす背筋通つてくるやうな   浜岡紀子
 

午後は尾道へ。
駅前の尾道ラーメンがおいしかった。
尾道は坂と石段の町。
まずはロープウェイで千光寺へ。
山は椎の花盛りだった。

下りはひたすら歩いてゆく。
千光寺山中腹の志賀直哉旧居に立ち寄る。
大正元年、東京を離れた直哉が、約1年間移り住んだ家。
棟割長屋の6畳、3畳、台所という質素な造り。
ここで『暗夜行路』の草稿が練られたという。
a0090198_2342999.jpg

文学記念室にも立ち寄り、寺めぐりをするように石段を降りてゆく。
a0090198_3345176.jpg

緑陰のただ中に、椅子とテーブルを置いた喫茶店を見つけて、ほっと一息つく。
敷地には白い鉄線や蔓薔薇が咲いていた。
a0090198_19405261.jpg

石段のひとつに蝸牛を発見。
a0090198_2445833.jpg

真昼間の殻の硬さよ蝸牛 長嶺千晶

二階井戸など、生活上の工夫の跡が今でも残っている坂道を下る。
途中、猫と出会う。
これはことに人懐っこい猫だった。
a0090198_2481456.jpg

平地に戻ってきて、商店街の入口にある林芙美子像に出会う。
旅鞄と日傘を傍らに、坐りこんでいる芙美子だ。
林芙美子は家族で各地を転々としたのち、大正5年に尾道に移り住んだ。
学業を終え上京するまでを、この坂と石段の町で過ごしたのだ。
a0090198_1933938.jpg


23日 3日目 鞆の浦 

尾道から福山へ出る。
在来線は青葉のなかを抜けてゆく。
バスで鞆の浦へ。
鞆の浦は小さな漁港。常夜燈が見える。
a0090198_2313387.jpg

往時を偲ぶ町並は小雨にしっとりと濡れていた。
a0090198_1915426.jpg

保命酒の元醸造元・太田家へ立ち寄ったり、鯛料理をいただいたり。
坂本龍馬にゆかりの「いろは丸展示館」にも立ち寄り、
鞆の浦という情趣たっぷりの町を堪能した。

鞆の浦をあとにし、バスで福山へ戻る。
福山から新幹線は東へ、東へ。
2泊3日の安芸への旅が終わった。

                 文・写真/武井伸子
[PR]
by basyou-ninin | 2011-05-21 10:00