<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

森鴎外の『雁』の地を訪ねて

                          平成二十二年十二月十八日

 今回からの吟行は小説に描かれた場所を辿ることになった。手始めに選んだのは題名がいまの季節にふさわしい森鴎外の「雁」。まずは文庫本を買って読み直す。冒頭に出てくるのが鉄門の前の岡田の住んでいた下宿屋、玉の住んでいた無縁坂、そして不忍池。この三点はほとんど一直線上にある。この三つをキーワードにして吟行することにした。
 主人公の岡田が東京大学医学部の学生なのでまず東大構内から見ることにした。
 十一時にJR御茶ノ水駅の聖橋口に集合。東大病院行きのバスは普段の日は十分ごとにあるが、土曜日とあって一時間に二本しかない。丁度八名なので二台のタクシーに分乗した。ひとり分の料金はバス代と変わらない。
a0090198_15473696.jpg

 病院前で降りるとすぐ脇にエルウン・フォン・べルツとユリウス・カール・スクリバの胸像がある。岡田が通訳としてドイツに赴く時に推薦してくれたのが内科医のベルツである。外科医のスクリバのほうは明治二十四年に大津で襲われたロシア皇太子の治療や明治二十八年の日清戦争の講和会議に出席して狙撃された李鴻章の治療をしている。現実と虚構の世界が交錯して当時の社会情勢がにわかにクローズアップしてくる。

        東大の校内巡視車冬休み    上田 禎子
        本郷三丁目冬青空の真つ四角  芹沢  芹
        銅像の髭に集まる冬日かな  尾崎じゅん木
        霜晴や明治の人の髭の濃き   浜岡 紀子

 病院の横に鉄門があり、ここから無縁坂が始まる。真向かいにあった下宿屋のあたりは何やら建築中であった。
 無縁坂の由来は大火の多かった江戸で身元の分からない遺体を坂の途中の寺に投げ入れたことによるとの説もあるがはっきりしない。暖かな初冬の日差しが降りそそいでいるが、南側の旧岩崎邸の高い煉瓦塀とその上にはみ出している木のせいで坂の半分は日陰になっている。年月を重ね風合いを増した煉瓦塀を描いている人たちがいた。
a0090198_15482357.jpg
綿虫や鉄門青く塗られあり  川村研治
枇杷の花岩崎邸の高き塀   辻田 明
坂上の雲輝きぬ枯木立    辻田 明

 坂の北側の玉の住んでいた辺りは昭和四十年頃までは格子戸のある木造の住宅があったそうだが今は赤茶色の化粧タイルが美しいマンションになっていた。
 坂の下のほうにある講安寺は寺には珍しい土蔵作りで、ひっそりとした佇まいだった。門の前の松飾りが瑞瑞しい。 玉の飼っていた紅雀を呑みこんだ蛇を岡田が包丁で二つに切断するところは、この小説の中で最も生々しい場面だが今は冬眠中とはいえこの高い塀と舗装された道路、マンションに囲まれたこの一帯に蛇の出そうな雰囲気は見当たらない。

        無縁坂下りて年を惜しみけり     上田  禎子
        黙礼し霜月の坂行き合へる      尾崎じゅん木
        スカイツリー半分見えて霜日和   尾崎じゅん木
        坂に立ち耳そばだてる雁渡し    浜岡  紀子
        青空と鴨に近づく無縁坂       武井  伸子
        冬木の芽坂の半ばに残る寺     芹沢   芹
        冬の坂下駄の音さえ恋いしかり   芹沢   芹
a0090198_15582930.jpg

 坂を下りきるとそこはもう不忍池。江戸時代は今の二倍の広さがあったそうだ。天海僧正の発案で寛永寺が建てられ、琵琶湖に見立てた池に弁天島が設けられた。蓮はこの頃からのものという。池の周りは時代により競馬場が出来たり、博覧会が開かれたりした。野球場構想もあったとか。現在は上野動物園の一部、ボート池、蓮池と三つに分かれている。毎年冬になると数種類の鴨が飛来して散策の目を楽しませてくれる。今日も昼時とあって大勢の人が集まっており、犬を散歩させている人やお弁当をひろげている人など様々だ。雁はいつの頃からか来なくなっている。

        正面に胸のよごれてゐたる鴨   岩淵喜代子
        鴨に生まれ金色の目をたまはりし 川村 研治
        水鳥の歌の光の満ちあふれ    川村 研治
        百合鷗翔てば失念してしまふ   上田 禎子
        百合鷗皆南向く杭の上      辻田  明
        つつき合ふ鴨大勢は楽しいか   芹沢  芹
        空の鳥水にゐる鳥冬ぬくし    浜岡 紀子
        私からわたしがぬけて鴨の群   浜岡 紀子

a0090198_1619207.jpg
 夏には生い茂っていた蓮もすっかり枯れて折れ曲がり小さくなっていた。 

 明治のはじめの頃の池の周囲は葦もかなり茂った寂しい場所だったのではないだろうか。十羽余りと記されている雁の一羽に運悪く岡田の投げた石が当たり、それがもとで玉は二度と岡田に会う機会を逸する。

 小春日和の中を行きかう人々の間にあってはそのような情景を思い浮かべるのは難しい。



           蓮枯れてさまざまの人集ひくる     武井 伸子
           枯蓮を鳴らして鴨の通りけり      武井 伸子
           やはらかき黄金となりぬ蓮の骨    武井 伸子
           不忍池の枯野のやうに見えるとき   上田 禎子
           立冬の風や水面を窪ませて     岩淵喜代子
           ゆく船は水を吐きつつ十二月     岩淵喜代子

 一通り吟行をした後で句会場のホテルに行く。落ち着いた雰囲気の一階のイタリアンレストランで食事をしながらの句会。レストランには前もって俳句の会であることを話しておいたのでたっぷりと時間を使わせてもらった。
a0090198_16384327.jpg

 時代はいつも光と影を人々の上に投げかけてくる。光と影の織り成す葛藤は岡田や玉をのみ込んで、人口が当時の約二十倍に膨らんだ東京の街では何もかもが見えにくくなっている。

        はにかみは顔に現る冬木の芽    辻田  明
        遠き日の恋や石塀底冷えす    尾崎じゅん木
        玉といふ明治の女浮寝鳥      川村 研治
        待つといふ姿勢は低くゆりかもめ  岩淵喜代子
 
 百年前に書かれた小説を頭の隅に置きながら目の前にある風景を句にするのに少し戸惑いを覚えたのは私一人ではないかもしれない。個人的には本を読み返す機会にもなったし、今まで知らなかった無縁坂を歩くことが出来て感謝している。
                      
                              文・写真       浜岡紀子      
[PR]
by basyou-ninin | 2011-01-05 10:30 | 吟行

出羽三山の旅


平成22年10月2日ー4日
a0090198_14301040.jpg

1日目(10月2日)
10月2日の朝、東京駅を発ち、新潟で羽越本線に乗り換えてから吟行が始まった。12時過ぎに、JRの鶴岡駅に着きワゴン車に迎えられた。目的は第52回奥の細道羽黒山全国俳句大会に選者として出られる岩淵代表について参加すること、それにもう1日余分に泊まり、少しでも山岳信仰の出羽三山に詣でることだった。もっとも私達が訪ねたのは、羽黒山、湯殿山で、月山は眺めただけであったが。出羽三山は言うまでもなく「奥の細道」の中に書かれている。芭蕉は3句ほど句を詠んでいる。俳人としては知らない人はいないと思うので説明は省略。
藤沢周平記念館に先ず寄る。記念館には周平の作品が展示され、手書きの題名が多いのに気がつく。本人のものかどうかなと、そばの原稿用紙と見くらべてみたけれど分からない。映像で鶴岡や庄内の景色を見せているのが周平の世界を近寄せる。周平の作品に救われたという八王子から来た男性に、周平のお墓の写真を見せてもらう。墓石には小菅家とある。本名は小菅留治で周平のお墓はこの庄内ではなく、この男性の住んでいる八王子にあることを知った。そういえば、周平は北多摩の療養所にいたことがあり、その縁だろうか。周平の句集も置いてあり1冊買う。

机上にはペンと文鎮つばきの実武井 伸子
周平の文字やはらかし秋灯し  望月 遥
秋の蚊を連れ文豪の四畳半  浜田はるみ
灯下親し刀の鍔を文鎮に    長嶺千晶
a0090198_14332178.jpg

庄内神社にお詣りし、「涼しさやほの三か月の羽黒山」と芭蕉が詠んだ羽黒山へ向かう。刈田、稔田の混じる庄内平野を抜けていでは文化記念館へ

掛け稲架の海坂藩はこのあたり 上田禎子
ななかまど今日月山のよく見えて芹沢 芹
月山の宙を燕の帰るらむ   岩淵喜代子
月山も鳥海山も澄む日なり   長嶺千晶
花芒神の山へと靡くなり    長嶺千晶
棒掛けの人影に似る曼珠沙華  望月 遥

記念館から五重塔へ鳥居をくぐり石段を降り始める。周囲は350年から500年の杉木立。祓川の瀬音を聞きつつ五重塔へ向かう。ひっきりなしに通る人々の間で石段を修理している。修理し終わったしるしに小さな苗木?を立てておく。これだけの参拝者がいるのだから階段もさぞ傷むことであろう。石段には文様が33あり薄れているが、盃、瓢箪、天狗、山、瓜などを見つけた。爺杉に感嘆し、失われてしまった婆杉を思う。五重塔でばったを捕まえる。雪の中の塔も大変美しいそうである。

石段の絵文字をさがす雁のころ 望月 遥
石段に人湧くごとし秋日和   上田禎子
五重塔秋の翳りの中に立つ   望月 遥
かりんの実五重の塔にひと転げ 芹沢 芹
神杉の六百本に雁渡る     牧野洋子
神杉のただ中に覚め露けしや 武井 伸子
山がけの道に這ひ出す蝸牛  武井 伸子 

いでは会館に戻り、羽黒山三山神社へ。三神合祭殿の茅葺屋根の厚さに驚く。中に入ると天狗の面などが掛けてある。三神合祭殿の中に案内され、「金併の拝戴」を受けて厳かな気持になる。

初鴨を眠らせ水の昏れんとす  長嶺千晶
ふいに背を鈴に祓わる菊日和  上田禎子
a0090198_14352158.jpg

巫女さんに付き添われ宿舎である斎館へ。部屋からは遥かに鶴岡市街、庄内平野、島海山が見え、夕日が木の間に透けている。
夕食は山菜ばかりでなくて、かれいの塩焼きやはたはたのしょっつる鍋もある。あけびの実や種、もってのほかの酢のもの、いたどりの胡麻和えなどと普段食べられないものをいただく。満腹してこの後の前夜祭が心配になる。

枝豆を禰宜と食べゐる羽黒山 岩淵喜代子
色鳥や斎館にある勅使の間  岩淵喜代子
宿坊の刻ゆるやかにつづれさせ 芹沢 芹
鳥海山やもつてのほかの菊なます望月 遥

夕食のあと、斎館で行われる前夜祭の大会に参加。嘱目の2句を出す。ににんから入選者続出。会場にはトリカブトや姥百合の実などが生けられていた。
a0090198_14364045.jpg

終わってから部屋へ。同宿の地元の女性からいろいろと羽黒山の話を聞く。1度は泊まりたかったのだが、近くで泊まる機会がなく、ようやくとのこと。同年輩か少し年上かもしれない。とてももの知り。鶴岡に嫁して50年とか。羽黒山のことから湯の浜温泉のどこに泊まるか、女将さんはどんな人とか、勇壮な炎の八朔祭りの様子、歴史博物館、冬の気候、道路、防雪柵、陸松島、方言など、秋の夜長に飽きずに聞いた。お殿さまの、維新の時の開墾のことも。地元に住んでいるお殿さまは少ないそうで、そのお1人だそうである。鶴岡は言葉使いで士族生まれということがすぐ分かるそうだ。話す言葉の語尾がなう?のう?と優しくひびく。

2日目(10月3日)
朝食は精料理。いんげんの胡麻和えなどとても美味しかった。朝食後、急遽、歴史博物館へ。廃仏棄釈にあった沢山の仏像、芭蕉の書状、山伏関連のもの、とても見きれず、いつかまた訪ねなくてはと思った。

いよいよ奥の細道羽黒山全国俳句大会へ。
会場はいでは文化会館。兼題と題詠のここでもににんは好成績を納めた。兼題2句は当季雑詠、当日の出句は2句で、題は鶺鴒、新米、そして嘱目句。
子供の部もあり、表彰を受けた小学生や中学生は、選者の岩淵喜代子氏と細谷亮々氏と握手し壇上を降りていった。
大会終了後、湯の浜温泉へ。修行者は出羽三山での後ここで憩うのだそうだ。日本海に面し、夕日の名所だ。夜は海の幸の夕食に女将の湯の浜音頭と踊り、地酒のどぶろくも飲み楽しい宴であった。

流木の影となるまで茶立虫  岩淵喜代子
鳥は目で追へぬ速さや秋の浜 岩淵喜代子

3日目(10月4日)
翌朝は曇り。旅館の外には朝市。朝食の後に、海月で人気の加茂水族館へ出かける。朝早いのにもう団体とぶつかる。先に地下の海月を見に。不思議な世界である。もう見とれるほか仕方がなかった。係の方が水槽の中へホースを入れて塵のような糞などをとっている。夢のようではあるが、やはり生きものと妙に感心。儚い夢のような海月の後に、1階に戻ると巨大な章魚が水槽の壁に張り付いていて、1匹ならず2匹も。あまり動かず。でも、ある人が寄ると動いた。きっと好かれているにちがいないとみんなに笑われる。
a0090198_1443396.jpg

芭蕉が「かたられぬ湯殿にぬらす袂かな」と詠んだ湯殿山へ向かう。途中から雨になり、湯殿山の参籠所で傘を借りてから神社へ。ご神体へお参りする前に裸足になり、ご神湯が流れるご神体を上って御滝の上に詣でまた同じ道を帰ってきた。ご神湯は触れるた足をひっこめるような熱さのところもあり、飲んでみたら、少し塩からかった。思わず塩守りを買ってしまった。周囲の山々は紅葉が始まりつつあり、10日もすれば初雪もありそうだとのこと。昼食は参籠所で精進料理をいただく。
緑色のお蕎麦が食べるのにもったいないほど美しい。山菜料理にいろいろと説明を伺いながら舌鼓を打った。
a0090198_14452140.jpg

大雨の中、湯殿山注連寺へ向かう。途中土砂崩れのあったところを通る。即身仏のお寺として知られている。森敦の「月山」の舞台でもあるが、正直にいえば、人間であるのでとても怖い。天井の絵がよかった。

見えざるが故の神の座木の実降る芹沢 芹
湯殿山霧に沈みて語らざる  浜田はるみ
沢駆けの行者に山の霧すさぶ  芹沢 芹

なお、大会のににんの仲間たちの結果は次のようである。
第52回羽黒山全国俳句大会前夜祭
選者 岩淵喜代子選 
特選
神杉の底まで秋の澄みにけり  長嶺千晶
佳作
案内する巫女の袴に秋夕焼け  牧野洋子
松浦俊介選
秀逸
案内する巫女の袴に秋夕焼け  牧野洋子
細谷喨々選
佳作
どの道も山へとつづく稲の波  武井伸子
阿部月山子選
秀逸
神杉の底まで秋の澄みにけり  長嶺千晶
三井量光選
秀逸
金秋の垂直に落つ須賀の滝   望月 遥

全国大会 
席題 新米、鶺鴒、嘱目
岩淵喜代子選
特選
せきれいや陸松島を遥かより  望月 遥
秀逸
橡の実の落ちしところで光りけり 武井伸子
細谷喨々選
秀逸
ふしくれの手の中にある今年米 牧野洋子
佳作
鶺鴒の一閃夕日こぼしけり   武井伸子
本大会
岩淵喜代子選
佳作
雀らに野の末枯れの始まりぬ  長嶺千晶
濡れながら生れし仔牛や星流る 武井伸子

今回の旅は奥の細道羽黒山全国俳句大会に選者になられた岩淵代表のもとに七名のものが参加し、お山の霊気を浴びて素晴らしい時を過ごすことができた。過去を抜け出て生まれ変わったような清々しさを得て帰った感じである。そして大会の主催者の出羽三山神社のならびに、いでは文化会館の方々に大変温かいもてなしを受けた。
a0090198_14463122.jpg

(上田禎子記)
[PR]
by basyou-ninin | 2011-01-03 15:04 | 俳句