<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

青梅吟行

吟行燦燦 第十回

  青梅吟行                     

        九月二十日
a0090198_16363130.jpg

 台風一過の一日、青梅吟行の行く先は
釜の淵公園である。岩淵喜代子先生以下、武井伸子、上田禎子、そして案内役の長嶺千晶が、青梅駅改札に十一時に集合した。
 まずは腹ごしらえを兼ねて、青梅市立美術館の喫茶店に立ち寄る。青梅駅からだらだらと道を曲がりながら下ってゆくと、千ヶ瀬バイパスに面して美術館が建っている。小島善太郎の油絵と、現代版画作品を中心としたコレクションで、池田満寿夫の版画などがあり、すでに懐かしい感じがする。建物はたいそう立派である。また、喫茶店は別棟になっているので、外から直接入ることができる。
 道々酔芙蓉の大きな木があり、白い花が野分晴れの青空に映ってとても美しかった。

   隆々と雲のゆくなり白芙蓉    伸子 

 ビーフシチューセット(1,260円)、カレーライスなどでお腹を満たして、いざ出発。この美術館の裏手にはすでに多摩川が流れており、釜の淵公園はその一角にある。
 もともと釜の淵とは、水底が深く、流れがゆるやかなところの意で、ここで多摩川が大きく、ほぼ90度、湾曲している。昨日、台風が過ぎたのにもかかわらず水の色は翠を帯びて美しい。

   秋光に架橋のはがね鮎の竿    禎子
   釣人の腰をあをあを秋の水     伸子
   釣糸を水さらひゆく天高し      千晶

 鋼鉄製の柳淵橋を渡ると、「河原にて白桃剥けば水過ぎゆく 森澄雄」の名句を思い起こさせるような、河原の風情である。河原へ降りてゆくと、鮎釣りの人が七、八名ほど、竿を立てたまま微動だにしない。今は落ち鮎のシーズンで、竿を下ろしておけば、日に十匹は釣れるという。写真のように三十センチにも及ぶ、まるで、ニジマスのような鮎が釣れていた。昔は大岩の影に雌鮎が集まるので、それを追って雄鮎が群れをなし、五十匹以上も集まったものだという。

   錆鮎の目の美しと少女言ふ     禎子
   落鮎の掌にひくひくと脈搏てり    伸子
   落鮎のざらざらとして掌にはねる  禎子

 釣り上げた落ち鮎を触らせてもらった実感の句である。そこここで、鮎を焼く煙が立ち上り、石を積み上げて炉にしては、バーベキューを楽しんでいる家族もあった。

  男きて火熾す河原いわし雲      伸子 
  石三つ寄せて炉となす新酒かな   喜代子

a0090198_163814100.jpg
 河原を楽しんでるのは人間ばかりではない。

  柴犬の浅瀬蹴散らす鱗雲     伸子
  流木を咥えし犬や出水川      千晶

 飼い主のご夫婦に連れられてきた犬が、ご主人が投げた流木を受け止めようと、水にはいっては、咥えてきて、また投げてもらっては、水を蹴散らして、と遊んでもらっていた。最後に流木を流れの中に見つけられずに、しょんぼりと岸へあがってきたのは、見ていてかわいそうなくらいだった。

真ん中に犬坐す夫婦秋深し    千晶                                  子らの声間遠になりて法師蝉   伸子
a0090198_16554737.jpg
a0090198_1657173.jpg


 大気の爽やかさは、水辺にまさるものはない。河原から上がって、深い木立の中をはいってゆくと、水引草の紅、曼珠沙華の赤が暗い森の闇に、発光するようだ。

  曼珠沙華川音の中川流れ      喜代子
  ゆっくりと歩めば無音曼珠沙華   喜代子
  曼珠沙華過ぎゆく水をまなうらに  千晶

 木立の中には宮崎家住宅という移築した古民家をがあり、そこは藁屋根のために、毎日、囲炉裏をたいているという。縁先で休ませてもらうのにちょうど良い場所である。その眼下を多摩川が流れてゆくのである。そこには、鮎美橋という鋼鉄製の真白な吊り橋がかかっているのも景観を作っている。古民家の隣には、郷土博物館が建っている。すべて無料で見学できる。


  掌中に石文ぬくむ素秋かな     喜代子

 柳淵橋のたもとには、亜陶(あど)という喫茶店がある。あらかじめ頼んでおいたので、
2階のギャラリーになっている部屋を使わせてくれた。ケーキセット(650円)を皆で取る。ここが、今日の句会場である。お店のご厚意で、ファックスのコピーを使わせていただいたので、十句出しの吟行句と、五句出しの題詠句の二回の句会がほぼ、二時間でできた。題詠の題は次のとおりである。
「時・白・がたがた・落・離」

  離れては寄り合ふカヌーの黄と赤と    喜代子
  野分晴れカヌー落ちゆく水迅し       千晶
  落鮎の顎尖りたる真昼かな         伸子
  流木になるまでの時鳥渡る         禎子
  月射すや水離れたる流木に        千晶
  がたがたの木の椅子に降る水木の実   禎子
  どんぐりの踏みしだかるる白さかな    千晶
  川音の時浸しゆく曼珠沙華         伸子

 折から、カヌーの練習も始まって、川音にも活気がみなぎってきた。四時頃、川を後にして、坂を上りきった、「大柳」のバス停で、二駅ほどバスにのり、青梅駅に到着した。自然に触れ合えた、心やすらぐ吟行会であった。           (長嶺千晶記)
[PR]
by basyou-ninin | 2008-09-20 16:19

阿仏「うたゝね」を詠む

  阿仏「うたゝね」を詠む        木津直人


彼のこころが冷めてゆく。
  ものおもふ月に階段にじみつつ

あんなに愛しあったのに。
  夢うつゝとも朝礼の鰯雲

西山の紅葉を見てきました。私は十九です。
  あくがるゝ心を止めて遠紅葉

久しぶりの彼の手紙、彼の訪問!
  帰りても秋の戦ぎのしとねかな

彼の奥様が亡くなり、もういちど彼に会う。そして、それきり。
  かのところ進入禁止秋遍路

心がこわれてゆく。
  師走にもなりぬ灯りし駅見えぬ

ある夜、私は髪をきりおとす。
  春の床のどやかなるに鋏置く

深夜、私は西の山をめざし、ひそかに門を出る。
  たゞ今も出でぬべきかは春の闇

雨が激しく降りだす。泥にまみれて、夢と現実の区別もつかない。めざす尼寺は見つからない。
  ほのぼのと春のボタンが落ちてゐて

夜明け、私は桂の里人たちに見つけられる。
「どうしたの、あなたは! 誰かから逃げて来たの? 口論をして来たの? いったいどうしてこんな雨のなかを、この山の中にやって来たの! どこから来て、どこに行こうとしているの。ああひどい姿で!」
私は答える。
「諍いも口論もしていません。ただ思うことあって深夜に出て来たのですが、雨もひどくなり山道にも迷って、来た方もわからず行く先も見えず、死ぬような気持ちがして、ここにたどりついたばかりです。どうか私を法華山寺へ連れていってください」
彼女たちは私の手を引いて歩きだす。
  松風のあらあらしきも柳絮らと

私は出家する。尼君たちは皆親切だ。朝夕の勤めを欠かさず、生きることの罪をきよめ、仏の道を歩むことを、今の私は喜びとする。それにしても私はなんと思いきったことをしたことだろう。
  男子整列もの狂をしき春の爪

それでも私の心は迷いつづける。なつかしい彼のことで――。私はこれまでのこと、つまりこの日記をひそかに書きはじめる。
  ものをのみ思ふ機械か夕霞む

何気ない用事をよそおい、彼に手紙を出してみる。やがて返ってきたのは、冷ややかな社交辞令だけ。
  十字架が雨のなごりに目借時

私は病に伏し、東山の五条に移される。そのとき偶然彼の車とすれ違う。そしてそれが最後となった。
  春服や命あやうきものに風

夏。私は恢復し、自邸に戻される。そして秋。
  十六夜の光を待てる登山小屋

私の心は虚ろ。
  棹売りのはかなく過ぎて秋の虹

私は養父のすすめに従い、遠江にむけて旅立つことになった。涙があふれる。
  くだるべき日に紅葉の鼓笛隊

洲俣(すのまた)という所。長良川の渡しで男たちが言い争っている。誰かが川に落ちる。水しぶき。何と恐ろしい、だが何とわくわくする体験だろう!
  野も山もはるばると行け秋の旅

鳴海の浦の干潟にならぶ、塩煮の釜のおもしろさ。浜名の浦のひろがり。私の心は癒されてゆく。
  大きなる川より秋の和音かな

養父の家での暮らしがはじまる。でも私の心は京の空にある。気まぐれで、そのくせ思いこむと後先もわからず飛びだして、失敗ばかりしている、こんな私のことを彼はどう思っているのだろう。
  こゝかしこ初霜おりて点眼す

乳母が重病とのしらせに、私は帰り支度をはじめる。春まで待つようにと、周囲の者たちは諭すのだが、私の決心は変わらない。やがて供の者が集められる。それにしても、私のこの厄介な性格はどうにかならないものだろうか。
  霜月や現在地なぜ表示せぬ

不破の関守が怖い目をして見ている。だがここから京は、もう遠くはないのだ。
  このたびは耳すましけり軒氷柱

比叡山の雲になつかしさがこみあげる。私は乳母のもとに駆けつける。
  燻製に雨ふりいでゝ枯野めく

私のこの日記を、いつか誰かが読むことがあるだろうか。
  そのゝちは身を朝礼の冬空に


(笠間書院版・次田香澄・渡辺静子校注『うたゝね・竹むきが記』を用い、各二十四節の冒頭か、それに近い言葉を句のなかに折りこみました。たとえば第一節は「ものおもふ事のなぐさむにはあらねども、」と始まる、その「ものおもふ」を。)

                  * * *

a0090198_19444164.jpg

「うたゝね」の作者、のちの「十六夜日記」の作者である阿仏(あぶつ・阿仏尼・安嘉門院四条)は下級貴族の娘で、女房として仕えるうちに高位の男性と関係をもち、失恋します。このとき阿仏十八~九歳(一説では三十歳前後)、鎌倉時代中期、西暦1243年前後の出来事と考えられます。

a0090198_19455598.jpg

阿仏の一族は衣笠一帯に住み、出仕先もその域内にあったと考えられます。彼女が尼寺へ向かった経路は定かではありませんが、西へ進んで嵐山で桂川を渡り、法輪寺の前を過ぎて南下、そこで桂の里人に助けられたようです。その後たどり着いた尼寺も、法華山寺、善妙寺など諸説ありますが、現在の松尾大社のあたりの寺の一つであったようです。
 とくに桂の里人との出会いはこの作品の白眉ともいえるので、原文を紹介してみます。
『これや桂の里の人ならんと見ゆるに、ただ歩みに歩みよりて、「これはなに人ぞ。あな心憂(う)。御前(まへ)は人の手をにげ出で給ふか。また口論(くちろん)などをし給ひたりけるにか。なにゆへかゝる大雨にふられて、この山なかへは出で給ひぬるぞ。いづくよりいづくをさしておはするぞ。あやし、あやし」とさへづる。なにといふ心にか、舌をたびたび鳴らして、「あないとほし、あないとほし」とくりかへし言ふぞうれしかりける。しきりに身の有様をたづぬれば、「これは人を恨むるにもあらず。また口論とかやをもせず。たゞ思ふことありて、この山の奥にたづぬべきことありて、夜ぶかく出でつれど、雨もおびたゝたしく、山路さへまどひて、来しかたもおぼえず行くさきもえしらず、死ぬべき心地さへすれば、こゝに寄りゐたる也。おなじくはそのあたりまでみち引き給ひてんや」といへば、いよいよいとほしがりて、手を引(ひ)かへてみちびく情のふかさぞ、仏の御しるべにやとまで嬉しくありがたかりける。』
「うたゝね」は源氏物語や伊勢物語などを手本とした、実験的な物語作品でもあるようですが、虚構では描きにくい、いきいきした部分が含まれるために、仮に阿仏本人による再構成があったとしても、彼女の青春の実体験が元になっていると考えられています。

a0090198_19464745.jpg

                 (地図:新詳高等地図 帝国書院1972年)
 

後半は旅のなかで阿仏が次第に元気をとりもどしてゆく様が描かれます。
「洲俣(すのまた)の渡し」は長良川を越える交通の要衝で、現在の墨俣町。本来の東海道は南の鈴鹿越えを取りますが、鎌倉中期のこの頃はこの美濃路のルートが東海道の本道に指定されていました。
 浜名湖の湖口は砂州でつながっており、阿仏はその風景を「おもしろき所なりける」と楽しんでいます。のちに戦国時代の地震と津波でこの砂州は切られ、浜名湖は海とつながります。
 彼女の目的地である養父の任地が、遠江のどこであったかは不明ですが、浜名湖を越えたあたりですから、現在の浜松市かも知れません。
 阿仏はその後還俗と再出家をし、奈良や、京都の松尾周辺の寺とかかわりを持ちながら、出会った男性との間の子を困窮のなかに育て、のち藤原為家の妻となってからは歌名をあげます。
 阿仏の墓とされるものは鎌倉と京都にあります。

(参考:田渕句美子「阿仏尼とその時代」臨川書店)
[PR]
by basyou-ninin | 2008-09-01 10:00