<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

愛宕神社 七草吟行

         愛宕神社 七草火焚き神事吟行   2007.1.7(日)

1月7日に七草粥を食べる風習は、現在の家庭にも残っているように思われます。
今年はじめての吟行は、港区愛宕神社での七草火焚き神事でした。
a0090198_240685.jpg

a0090198_2403937.jpg

神事が始まる前の境内には、こんなかわいい巫女さんがとことこと歩いていました。
a0090198_3334982.jpg

a0090198_3372698.jpg

黄梅や八百八町の火伏神    禎子

あらたまの鯉の口より光りの泡    伸子


神前では祝詞に続き、その年の吉凶を占うという、国見の舞が披露されました。
a0090198_2461310.jpg

七草神事祝詞にまじる犬の声    健

ゆらゆらと国見の舞や初山河    健

神楽鈴振るや春立つ潮の香    恵子

国見する巫女の扇や冬木の芽    伸子


続いて、古くから民間に伝わるという「七草叩き」が行われました。
「唐土の鳥が日本の土地へ渡らぬ先に、なずな七草ストトントン」
という言葉を唱えながらの早乙女の神事です。
俎板の上に七草をのせ、すりこぎとしゃもじでストトントンと叩きます。
a0090198_2534266.jpg

薺打ち音のはじめは固かりし    喜代子

七草神事小さき椅子に座りをり    禎子

薺打つ千年の刻なきごとし    禎子

七草神事波のごとくに大太鼓    紀子


屋内での神事が終わると中庭には、正月飾り、願木、古いお札、だるまなどが小山をなして積まれ、お焚き上げが行われました。
a0090198_3173383.jpg
a0090198_323074.jpg

七草火焚き唐土の鳥は近づくな    健

お火焚の炎に隠れ老神主    伸子

七種や刃で祓ふ四海無事    恵子


最後に、参詣者には七草粥が振る舞われました。
a0090198_4341314.jpg

割箸に両手を使ふ事始    喜代子

幸先や愛宕詣でのなづな粥   恵子

塩をふる七草粥のうすみどり   紀子


a0090198_3475745.jpg


白猫の爪研いでゐる椿東風    紀子

晴天や七種粥の少し冷め    喜代子
                 
                      

                     写真・文/武井伸子
[PR]
by basyou-ninin | 2007-01-07 11:00