カテゴリ:吟行( 13 )

佃島念仏踊り

平成二十五年七月十五日
a0090198_02431100.jpg

フーム! 「念仏踊り」「盆踊り」「盂蘭盆」など辞書を引いてみる。盂蘭盆は梵語で逆さ吊りの苦しみの意、イランの語系で霊魂の意、などとあり興味津々。
 七月の佃念仏踊り吟行、地元中央区の住人として自転車にて参加、以下そのレポートです。
 七月十五日午後六時  集合場所 佃小橋
(月島駅から徒歩十分)、時間に余裕を持って着いたので少し写真を撮る。この橋の付近の景色は独特の印象があって脳裡にしっかり焼き付いているような感じがある。澱んだ堀の水、朽ちて半分沈んだ木の舟、沈んでも不思議のなさそうな木造船、FRPの白い小さな釣り船などが舫ってある。
 隅田川から東に引き入れた水路が住吉神社の裏を越えて直角に南に折れ赤い佃小橋の下を通り少し先で堀留となる。赤いこの佃小橋を渡った回数は二十回を下らないと思う。それにしても岩淵先生と武井伸子さんから話を聞くまでは佃の盆踊りについてまったく知らず実に灯台下暗しであった。
a0090198_0263874.jpg

 午後六時の空はまだまだ明るく人気も僅か、何時もと変わった様子は見られない。釣り糸を垂れている人、浴衣がけでタバコをくゆらす人子供が二三、さて吟行のメンバーがそろったのは六時十五分過ぎ、蛮愚句会から盆踊り見物にみえるお二人はすでにどこかで一杯やっているようで自然と別行動となった。
 ところで佃の盆踊りですが面白い歴史を持ち簡単に紹介しますと、まず佃島の由来は摂津(大阪)佃村の漁師が家康より隅田川河口の干潟を拝領し埋め立てて、同時に佃村の住吉神社(現、田蓑神社)より分霊し佃住吉神社を建立した。摂津佃村の人々は浄土真宗西本願寺派の門徒であったので江戸の西本願寺別院とも縁が深く1657年の大火で消失した別院の替地として与えられた八丁堀海岸を埋め立て(現、築地本願寺の場所)寺院の復興再建に尽力します。
 そして盆踊りを試み江戸市中を廻って志を受け本願寺に奉納していましたが1831年町奉行所より市中勧化が禁じられたため佃島の網干場(現在の場所)で7月13日から15日に開かれることとなった。
隅田河畔には川面から訪れる無縁仏迎えるために精霊棚が設けられ礼拝の人が絶えない。
a0090198_0323674.jpg

 さて盆踊りが始まるまで時間があるので近所をぶらぶらと探索することに。まず波除神社へ、ここには丸い力石があって若い衆が力競べした名残である。
a0090198_0353127.jpg

 そばのおそろしく狭い路地を入って行くと地蔵尊があり入り口を大銀杏が半分塞ぐように立っている、この銀杏を抱くような形で狭い社が作られていて鮨詰めの住宅の一つ分に相当する大きさで周囲の住宅に溶け込んでしまっている。不思議、シュールな感じかな。それから住吉神社に参拝し、さて句会は席の取れるお店もないので佃小橋脇のベンチで慌ただしく。おにぎりなんぞ食べながら。
 すでに子供達の盆踊りが始まっていて何ともかわいらしい。
a0090198_5383914.jpg


 路地涼し大銀杏抱く地蔵尊      浜田はるみ
 
 盆唄のビルの間に間にはづみけり   河辺行幸子
 
 涼風や高層の灯のうるみをり     村瀬八千代


そろそろ大人の踊りが始まる時刻だ盆唄と大太鼓の音が風に流れて来る。

 盆踊り老いも若きもゆかたがけ    宮崎大
 
 上げ潮や更けてふくるる踊の輪    岩淵喜代子
 
 夏太鼓佃の踊りくねくねと      高橋寛治

 暮れなづむ小さき島の踊りかな    武井伸子

a0090198_153572.jpg

              

                    高橋寛治 (記)
[PR]
by basyou-ninin | 2013-07-15 10:00 | 吟行

愛宕権現七草火焚き神事

吟行燦燦  第二五回
愛宕神社 七草火焚き神事
平成二十五年一月七日

 一月七日は七草の日である。しかも今年は初句会が予定されているので、午前中を愛宕神社の吟行に充てることにした。愛宕神社は防火を司る火産霊命(ほむすびのみこと)を主祭神として、七福神の大黒天、弁財天、猿田彦が祀られ、ビル群に囲まれているが静けさを保っている。神谷町の駅を出て神社に向かっているとメールが入った。
a0090198_1181122.jpg

「今何処にいるの」
「そっちに向かって歩いている」
「大変よ。大勢の人が行列を作っている。急いで」

「出世の階段」として有名な八八段の男坂を登るつもりだったが、急遽エレベータで愛宕山に上がった。そこにはもう長蛇の列が出来ており境内を埋めていた。目の前には四隅に竹が立てられ、注連飾りが下がり、結界が作られてどんど焼きの準備がしてあった。
a0090198_1191848.jpg


雀らに七日の真顔ありにけり  岩淵喜代子

猫の頭撫でて七草日和かな   牧野 洋子

注連飾り出世階段見下ろして  中田芽茶


a0090198_11151626.jpg
 
十一時になると社殿の中で七草神事が始まったが人が多くてとても入りきれない。閉めた硝子戸の向こうから、俎板の上にのせた七草をすりこぎとしゃもじでストトントンと叩く音と、「鳥追い歌」がところどころ聞こえた。はっきりと聞えたのは最後の「唐土の鳥が日本の土地へ渡らぬ先に」の部分だけだった。続いてその年の吉凶を占う国見の舞いが披露されたのだが、ほとんど見られなかった。

七草火焚何か唄つているらしき  武井伸子

巫女舞のこゑの幼き松の内   河邉幸行子

初春や国見の舞ひの朱の衣    浜岡紀子


a0090198_11101888.jpg


 そのあと神主が刀を持って積まれたお札や達磨などをお祓いする。我々も頭を下げ祓って戴く。それと同時に七草粥のお振舞いも始まるのである。

左義長や火にも水にも神在す   芹沢 芹

燃え盛るどんどの中の達磨衆   高橋寛治

お火焚をぐるりと囲む手足かな  川村研治

繋ぐ手のなきに輪となり福達磨 浜田はるみ

日の本の瑞穂の国の薺粥     島 雅子

人日や池に向かひて粥すすり 尾崎じゅん木


a0090198_1112346.jpg


七草粥のパワーを戴いて身も心も温もり句会場へと急いだ。 
   
                              (写真・記事 浜岡紀子)
[PR]
by basyou-ninin | 2013-01-10 11:04 | 吟行

香港吟行記 (2012年11月24-26日)

 東京から皆さんをお迎えし香港での吟行が実現した。昨年十一月下旬のことである。季節感に乏しい香港ではあるが晩秋から初冬といった頃合である。雨が降ったり止んだりするあいにくの空模様となった。
 初日の晩、早速上海蟹を食べに出掛ける。何よりも上海蟹の季節に合わせて香港訪問の日程を組まれた皆さんであった。うまいと評判の店に着き、先ずは十文字に縛られた生きたままの蟹を見せてもらう。青黒く泥のような色をしている。それを調理すると鮮やかな蟹の色に変わる。柿のような色である。赤々と蒸された蟹の味噌を啜り、手足をばらばらにして肉をほじる。

  縛られし上海蟹は青黒く  小塩正子
  円卓や上海蟹を食べつくし  服部さやか
  指先に上海蟹の香が残り  中崎啓祐
a0090198_1327524.jpg

 食後は二階建のオープン・トップ・バスで夜の街へ。目抜き通り(彌敦道、ネーザン・ロード)に張り出した大きな看板をくぐるようにしてバスは街中を進み、路地を抜け、女人街に着く。女性向けを中心に洋服、バッグ、アクセサリーといったファッション用品や日用雑貨の露店が所狭し並ぶ。値段はあってないようなもの。さてどこまで値切れるか、値切りながらの買い物がまた楽しい。

  看板の上に看板冬の街  岡本恵子
  偽時計売る男たつ冬の街  中崎啓祐
  冬の夜の値切れば負かる女人街  新木孝介
a0090198_13365855.jpg

 翌朝は小雨の中、路地裏の粥屋へ連れ立つ。壁にはぺたぺたと手書きのメニュー。中には怪しい日本語に訳されたものもある。各自好みの具を選び大振りの椀でそれぞれの粥をすする。

  朝粥や海を隠くせし冬の霧  岩淵喜代子
  路地裏の粥待つ朝の時雨かな  新木孝介

 
 朝粥で腹拵えの後は午前中は九龍の下町を散策する予定。先ずは花墟街(フラワー・マーケット)を抜け園圃街の雀鳥花園(バード・ガーデン)へ向かう。花墟街では歩道にも車道にもさまざまな花を並べて売る。季節柄、ポインセチアの赤が目を引く。
 
  火の中に火の芯見ゆるポインセチア  岩淵喜代子
 
 雀鳥花園はあいにくの雨でひとはまばら。晴れた日には自慢の鳥を籠に入れ、おじさんたちが鳥談義に熱くなり、時には鳴合せなどもする。奥へ行けば鳥籠を積み上げて目白や鴬を売り、鳥籠や餌入れといった小物を売る店が並ぶ。鳥の餌も売る。生餌として蝗の類がネットに詰められて売られている。そのうごめく光景は人目を引き異様である。

  男らの手には鳥籠秋時雨  服部さやか
  軒下に鳥籠吊す時雨かな  服部さやか
 

 そして通称「金魚街」(通菜街)。金魚や熱帯魚を売る専門店が軒を連ねる一角である。小さな金魚はビニール袋に入れられて店先に並ぶ。中国語では「金魚」と「金余」の発音は同じで、金魚は財運に良いとされる。

  路地裏で金魚売らるる冬ぬくし  新木孝介
  金魚屋の路地に飛び交ふ広東語  服部さやか
a0090198_13405388.jpg

 地下鉄でヴィクトリア・ハーバーをくぐり香港島へ渡る。昼食は香港ならではの飲茶。湯気を立てたワゴンが客席を廻り、好みの蒸篭を選ぶ昔ながらのスタイルの店だ。大きな丸テーブルを囲んでの和やかなひと時となった。

  湯気立てし飲茶のワゴン呼び止めて  小塩正子
  霜月や飲茶の店の湯気まみれ  岩淵喜代子
  飲茶して雨粒の跳ね見つめおり  兄部千達

 
 昼食後、香港島南部の淺水灣(レパルス・ベイ)で海の守り神である天后を祀る天后廟(ティンハウミュウ)を訪れ、赤柱(スタンレー)のマーケットをひやかす。

  天后(ティンハウ)の海図広げむ霧の島  岡本恵子
  赤柱(スタンレー)まで淋しき虻を連れてゆく  岩淵喜代子
  冬雀赤柱(スタンレー)の市の人だかり  岡本恵子

 
 そして思い切って西貢(サイクン)へ足を延ばす。少々遠いのだが、ぜひ皆さんに新鮮な海鮮料理を楽しんでいただきたい。海岸沿いの海鮮街には生簀や水槽が並び、好みの食材を選び、好みの調理法で料理してもらうのだ。大きな蝦蛄をにんにく風味に揚げたものが人気あったようだ。

  甲乙もなくて海鼠は桶の中  岩淵喜代子
  海鮮をいさましく食う冬港  兄部千達
  冬めきて大きな蝦蛄を分け合へり  新木孝介
  秋燈の外で皿拭く嫗かな  岡本恵子
 
a0090198_13423142.jpg

a0090198_1343541.jpg

 夕食を終え、とっぷりと日が暮れた。さて、ヴィクトリア・ピークへ行こう。摩天楼の立ち並ぶ香港自慢の夜景を堪能しよう。しかし、その日は一日雨であった。ピークに着けば霧も深い。時折あたり一面まっ白となり何も見えなくなる。それでも雨が小降りとなった折、霧の切れ間に夜景を垣間見る。いつもとちがい妖しげに幻想的ともいえる夜景が滲んでいた。

  冬霧は香港島をすべて消し 兄部千達
  鉛筆の如きビル群霧流る  小塩正子
a0090198_1345180.jpg

 夜が深まり、天星小輪(スター・フェリー)で家路に着く。百年以上も庶民の足として香港島と九龍を往来してきたフェリーである。十分足らずの船旅であるが、海抜ゼロから見上げる夜景もまた乙なものである。潮風が疲れた体に心地良い。

  秋風やスター・フェリーの灯が揺れる  新木孝介
  海沿いを歩いて宿へ暮の秋  服部さやか
a0090198_1346253.jpg

新木孝介記
[PR]
by basyou-ninin | 2012-11-24 10:00 | 吟行

上毛高原吟行

                                    2012-6-28

 空が明るく笑い、まぶしいほどの緑に覆われた上毛高原駅に東京から一時間余りで着いた。蛍が出るのにはまだ間があるので、まずガラス工房に案内してもらった。冷房の利いた室内に入ると硬質な美しさとともに一点一点手作りされた温かみのようなものが伝わってくる。この山間にある小さなガラス美術館に展示されている製品の数々はどれをとっても魅力的だ。紀元前十五世紀のメソポタミアのトンボ玉。棒の先に材料をまいて作っていたので中心に穴があり糸を通してネックレスにしている。地中にあって土と同化し銀化現象を起こしたローマのガラスは霧がかかったような神秘的な色合いだ。ルネ・ラリックの花瓶はボーンチャイナのような乳白色をしている。先ほど見てきた工房の様子が目に浮かぶ。形を変えて世に出たいと願っているガラスの塊を新生の泉から汲みだし、息を吹きこみ一瞬のうちに手なずけて彩りも鮮やかに形作っていく。くるくる回る棒の先の魔法のような技に暫らく見とれていたのだった。工房は建物の二階にあり、一年を通して開けっ放しにしてある。外の日差しは強いが心地よい風が吹き抜ける。真夏はダクトから冷風が降りてきて時々体を冷やすのだそうだが、今日はそんな必要はなさそうだ。

万緑や火の坩堝からガラス汲む 岩淵喜代子
南風吹くメソポタミアのトンボ玉 武井伸子
a0090198_176164.jpg

 次に訪れたのは上毛高原駅から車で七分ほどのところにある名胡桃城址。利根川と赤谷川がV字型に合流しているこのあたりは、越後に通じる三国街道、利根川沿いの清水峠道、鳥居峠を越えて信濃へ通じる道があり群雄割拠の戦国時代には軍事的に重要視されていた。城の西側の三国街道を上杉謙信は十数回も出陣し北条の支配下にあったこのあたり一帯を手中にしている。
謙信の死後は再び北条の手に渡り、さらに武田勝頼の命を受けた真田昌幸の軍勢の襲撃を受けたりとたびたびの小競り合いが続いていた。秀吉の裁定で、利根川の西側を真田領、東側を北条領としたが、これに不服な北条方の猪俣邦憲の不法占拠が原因となり、これに怒った秀吉の小田原攻めへと発展してゆく。北条方の敗北により戦国時代は終わりを告げるのだが、そのきっかけを作ったのがこの小さな山城であるのもこの地に立って初めて知った。
刈られた夏草の真ん中に一筋の道が三郭、二郭、本郭さらにささ郭と続く。各郭の間は谷の様にえぐれ手すりが渡してある。クローバーや芥子の花、蛍袋、薊などが転々と咲いていた。本郭には徳富蘇峰揮毫の「名胡桃城址之碑」があり杉木立が大きな影を落としていた。
 ささ郭からの眺めが素晴らしい。切り立った崖の下には利根川が流れ、それにそうように上越線が走っている。みなかみの街並みがおもちゃのように見える。 

山城の白つめ草を跨ぐなり   河邉幸行子
けしの花真つ赤にゆれて古戦場 浜田はるみ
薊咲く二の丸跡に風を踏み   浜岡 紀子

 a0090198_1773369.jpg
聴いたこともない蛙の大合唱に迎えられ思わず頬が緩む。地元の方のご厚意で蛍の里のすぐそばまで車で送ってもらった矢先だった。蛍を見るのが目的なのだがこの蛙たちとも お目見えしたいと思ったがそんなゆとりはない。あたりには夕やみがうっすらと迫り暮れのこる田に半月が落ちていた。水音を耳が捕えたが流れの上には十薬がびっしりと生え、真っ白い花が目に鮮やかに飛び込んできた。向こう側は丈の高い水草が生えている。誰かの「あっホタル」という声を皮切りに見ると蛍の光が点滅している。そのうちにあちこちに飛び始め嬉しさがこみあげてくる。地元の方が数人集まっている所を挨拶を交わしながら通り抜ける。ここら辺りから登りが少しきつくなり山道へ入って行った。気がつけばもうすっかり暗くなっており、ちょっと距離を置くと前を行く人の姿が見えなくなる。息がはずむが置いて行かれないように必死で歩く。

声だけを頼りに歩く蛍狩       牧野 洋子
きりもなく闇湧き出づる蛍かな   武井 伸子
土に落ちれば土を照らして恋蛍  岩淵喜代子

 左下に池なのか水が光っていた。やっと一番高い所に着いたらしくその後はゆっくりと下り坂になった。頭上を覆っていた木々もなくふと見上げると半月が雲間を出たり入ったりしている。かなり平らな所に着いた。ここが蛍を見る一番のポイントなのだ。いるいる。こんなに沢山の蛍を見たのは初めてだった。何の明りか柵の向こう側の杉の木立が白くぼうっと見え、そこへ消えていくように、また其処から湧いてくるように蛍が乱舞している。下には流れがあるらしくその辺りにも沢山の蛍火が点滅している。息を呑んで見とれた。
 静かな時間が流れていた。じっとこの青の世界に浸っているとだんだんと息苦しくなってきた。

闇のなかにそこだけ煌々とした駅に着く。我々のほかは乗り降りする人のいない駅舎に列車が静かに滑り込んできた。車内にもほとんど人はいない。蛍の幻影を引きずっていたせいか無言のままそれぞれの家路についたのだった。        
a0090198_17212197.jpg

                         (浜岡紀子 写真・記)        
            
  
[PR]
by basyou-ninin | 2012-06-29 10:01 | 吟行

森鴎外の『雁』の地を訪ねて

                          平成二十二年十二月十八日

 今回からの吟行は小説に描かれた場所を辿ることになった。手始めに選んだのは題名がいまの季節にふさわしい森鴎外の「雁」。まずは文庫本を買って読み直す。冒頭に出てくるのが鉄門の前の岡田の住んでいた下宿屋、玉の住んでいた無縁坂、そして不忍池。この三点はほとんど一直線上にある。この三つをキーワードにして吟行することにした。
 主人公の岡田が東京大学医学部の学生なのでまず東大構内から見ることにした。
 十一時にJR御茶ノ水駅の聖橋口に集合。東大病院行きのバスは普段の日は十分ごとにあるが、土曜日とあって一時間に二本しかない。丁度八名なので二台のタクシーに分乗した。ひとり分の料金はバス代と変わらない。
a0090198_15473696.jpg

 病院前で降りるとすぐ脇にエルウン・フォン・べルツとユリウス・カール・スクリバの胸像がある。岡田が通訳としてドイツに赴く時に推薦してくれたのが内科医のベルツである。外科医のスクリバのほうは明治二十四年に大津で襲われたロシア皇太子の治療や明治二十八年の日清戦争の講和会議に出席して狙撃された李鴻章の治療をしている。現実と虚構の世界が交錯して当時の社会情勢がにわかにクローズアップしてくる。

        東大の校内巡視車冬休み    上田 禎子
        本郷三丁目冬青空の真つ四角  芹沢  芹
        銅像の髭に集まる冬日かな  尾崎じゅん木
        霜晴や明治の人の髭の濃き   浜岡 紀子

 病院の横に鉄門があり、ここから無縁坂が始まる。真向かいにあった下宿屋のあたりは何やら建築中であった。
 無縁坂の由来は大火の多かった江戸で身元の分からない遺体を坂の途中の寺に投げ入れたことによるとの説もあるがはっきりしない。暖かな初冬の日差しが降りそそいでいるが、南側の旧岩崎邸の高い煉瓦塀とその上にはみ出している木のせいで坂の半分は日陰になっている。年月を重ね風合いを増した煉瓦塀を描いている人たちがいた。
a0090198_15482357.jpg
綿虫や鉄門青く塗られあり  川村研治
枇杷の花岩崎邸の高き塀   辻田 明
坂上の雲輝きぬ枯木立    辻田 明

 坂の北側の玉の住んでいた辺りは昭和四十年頃までは格子戸のある木造の住宅があったそうだが今は赤茶色の化粧タイルが美しいマンションになっていた。
 坂の下のほうにある講安寺は寺には珍しい土蔵作りで、ひっそりとした佇まいだった。門の前の松飾りが瑞瑞しい。 玉の飼っていた紅雀を呑みこんだ蛇を岡田が包丁で二つに切断するところは、この小説の中で最も生々しい場面だが今は冬眠中とはいえこの高い塀と舗装された道路、マンションに囲まれたこの一帯に蛇の出そうな雰囲気は見当たらない。

        無縁坂下りて年を惜しみけり     上田  禎子
        黙礼し霜月の坂行き合へる      尾崎じゅん木
        スカイツリー半分見えて霜日和   尾崎じゅん木
        坂に立ち耳そばだてる雁渡し    浜岡  紀子
        青空と鴨に近づく無縁坂       武井  伸子
        冬木の芽坂の半ばに残る寺     芹沢   芹
        冬の坂下駄の音さえ恋いしかり   芹沢   芹
a0090198_15582930.jpg

 坂を下りきるとそこはもう不忍池。江戸時代は今の二倍の広さがあったそうだ。天海僧正の発案で寛永寺が建てられ、琵琶湖に見立てた池に弁天島が設けられた。蓮はこの頃からのものという。池の周りは時代により競馬場が出来たり、博覧会が開かれたりした。野球場構想もあったとか。現在は上野動物園の一部、ボート池、蓮池と三つに分かれている。毎年冬になると数種類の鴨が飛来して散策の目を楽しませてくれる。今日も昼時とあって大勢の人が集まっており、犬を散歩させている人やお弁当をひろげている人など様々だ。雁はいつの頃からか来なくなっている。

        正面に胸のよごれてゐたる鴨   岩淵喜代子
        鴨に生まれ金色の目をたまはりし 川村 研治
        水鳥の歌の光の満ちあふれ    川村 研治
        百合鷗翔てば失念してしまふ   上田 禎子
        百合鷗皆南向く杭の上      辻田  明
        つつき合ふ鴨大勢は楽しいか   芹沢  芹
        空の鳥水にゐる鳥冬ぬくし    浜岡 紀子
        私からわたしがぬけて鴨の群   浜岡 紀子

a0090198_1619207.jpg
 夏には生い茂っていた蓮もすっかり枯れて折れ曲がり小さくなっていた。 

 明治のはじめの頃の池の周囲は葦もかなり茂った寂しい場所だったのではないだろうか。十羽余りと記されている雁の一羽に運悪く岡田の投げた石が当たり、それがもとで玉は二度と岡田に会う機会を逸する。

 小春日和の中を行きかう人々の間にあってはそのような情景を思い浮かべるのは難しい。



           蓮枯れてさまざまの人集ひくる     武井 伸子
           枯蓮を鳴らして鴨の通りけり      武井 伸子
           やはらかき黄金となりぬ蓮の骨    武井 伸子
           不忍池の枯野のやうに見えるとき   上田 禎子
           立冬の風や水面を窪ませて     岩淵喜代子
           ゆく船は水を吐きつつ十二月     岩淵喜代子

 一通り吟行をした後で句会場のホテルに行く。落ち着いた雰囲気の一階のイタリアンレストランで食事をしながらの句会。レストランには前もって俳句の会であることを話しておいたのでたっぷりと時間を使わせてもらった。
a0090198_16384327.jpg

 時代はいつも光と影を人々の上に投げかけてくる。光と影の織り成す葛藤は岡田や玉をのみ込んで、人口が当時の約二十倍に膨らんだ東京の街では何もかもが見えにくくなっている。

        はにかみは顔に現る冬木の芽    辻田  明
        遠き日の恋や石塀底冷えす    尾崎じゅん木
        玉といふ明治の女浮寝鳥      川村 研治
        待つといふ姿勢は低くゆりかもめ  岩淵喜代子
 
 百年前に書かれた小説を頭の隅に置きながら目の前にある風景を句にするのに少し戸惑いを覚えたのは私一人ではないかもしれない。個人的には本を読み返す機会にもなったし、今まで知らなかった無縁坂を歩くことが出来て感謝している。
                      
                              文・写真       浜岡紀子      
[PR]
by basyou-ninin | 2011-01-05 10:30 | 吟行

府中競馬場吟行

                                        平成20年5月19日
たまには俳句らしくないところへと競馬場へ吟行することにした。
折りしも五月。京都では「賀茂の競馬」が五月五日に行われる。神事であり、太鼓や鐘が鳴らされたり、勝敗を扇の色で判断したりと、優雅な行事である。

同じ競べ馬でも、現代の競馬はその優雅さとは遠く、射幸の対象としてである。ただ、英国では、女王陛下のスポーツであり、日本も天皇賞をもうけてあり、明治天皇も行幸したことがあるくらいであるから、本来は正統なスポーツであり、娯楽の対象である。ということで行ってみた。案内もなくほとんど競馬場は始めての女性達である。
a0090198_21425677.jpg

JR府中本町の改札を抜け、一面に馬の写真が出ているスポーツ新聞を始めて買う。新聞などに印をするための赤と青のボールペンを立ち売りしている。買わなかったが、馬券に使う小さなペンをくれた。西門までの歩道橋には、競馬の浮世絵や名馬の疾走の写真が掛けてある。西門を入るとすぐに鹿児島名物が売られ、さつま揚げも好きなのが買える。一瞬買おうかなと立ち止まるが、恥ずかしくてやめた。そこから出ると、広大な競馬場が目に跳びこんでくる。
a0090198_21311441.jpg

左手には巨大な観客席(フジビュースタンド)、右には手前から青々とした芝生、高い柵、芝のトラック、土のトラック。さらに向こうは内馬場。遥か遠くに緑の山々。スタンドの真向かいには、巨大なスクリーン。
早目に着いたので、お弁当でもとスタンドの中に入る。インフォメーションがあり、出走表をもらう。広々としたフード街の京樽でお弁当と漬物を買って再び外に出る。スタンドの席も空いていたのだが、青い芝に誘われてトラックの手前の芝生に日焼けしてはいけないと背を向けて座る。

夏帽を目深に馬場の監視員       彩女
五月光競馬を見ずに芝に寝て     禎子
寝転べば五月の芝生押し返す    恵子
ぎっしりと白詰草が馬場の縁      彩女
桃色の舌や馬くる野の泉         伸子

一時に正門で待ち合わせ、そこから直ぐに投票所(馬券売り場)へ。といっても初体験である。馬券はマークシートで、必要事項は塗りつぶすと聞いてはいた。馬券を置いてあるカウンターの一つに行く。たまたまそこにいた青年に迷惑をかけることになる。なんだ、このおばさんたちは!と思ったかもしれないが、親切に教えてくれる。横からおじさんも口をだす。そこへ案内係りのおねえさんが来て説明してくれ、印をしたシートを機械にお金と共に入れる。選んだ馬は名前がよさそうな感じということしか判断基準はない。シート一枚だけの人、二枚の人といた。そして競馬を見に外へでた。
a0090198_21443114.jpg

誘導馬しづしづと去り夏日差し     禎子
騎手の帽浮き並びたる南風      千晶
ファンファーレ薫風起こし馬駆くる  千晶
いっせいにゲート開きぬ青葉風    喜代子
かけぬける馬のたてがみ草の絮    彩女
青芝へ影落しつつ馬駆ける      伸子
日盛りの馬の過ぎたる土けむり     喜代子
蹄鉄のきらりきらりと薄暑光    伸子
喚声に揺れるスタンド青葉風        禎子
青芝に瞬間の過ぐ競馬かな     千晶
五月晴白馬にしめるような艶       恵子
砂煙うしろに残し夏競馬         禎子
勝馬の涼しく水を飲みにけり       千晶
 
結果は後でもということで、地下道をくぐり内馬場へ。出たところが豪華なバラ園。家族連れで賑わう遊園地もあり、ポピー、矢車草などのお花畑など心憎い演出である。競馬よりもそちらの方に心を奪われた。
a0090198_21451171.jpg

馬たちに瞳のくろぐろとばらの門   喜代子
耳立てて馬立ち止まる大南風      伸子
薔薇の園他人事に聞くファンファーレ  恵子
咲き誇る薔薇の湿りをてのひらに    千晶
白日傘たたみつまらなさうな顔     彩女
馬に馬つづくゆくなりバラ赤く    喜代子
紅の薔薇錆びやすし競馬場       彩女
バラ園のかたわらに止め乳母車     恵子
現れて眼も青き雨蛙         喜代子

二時間半はすぐに経ってしまい、句会をすることにして、再びスタンドの中へ。二階の喫茶室でコーヒーを飲みつつ、夕立を眺めつつ。夕立は帰るころにはやんでいた。

青芝をもえたたせ雨競馬場       恵子

受付のコピー機は馬券しかとってくれず、結局府中本町駅へ出る。近くのスーパーの中で句の用紙をコピー、句会をし吟行は終わった。なお、馬券の結果は・・・・・・。
                                               
a0090198_21343873.jpg

                           文・写真上田禎子
[PR]
by basyou-ninin | 2008-05-19 10:00 | 吟行

「死者の書」の二上山へ


 彼の人の眠りは、徐かに覺めて行つた。まつ黒い夜の中に、更に冷え壓するものゝ澱んでゐるなかに、目のあいて來るのを、覺えたのである。
 した した した。耳に傳ふやうに來るのは、水の垂れる音か。ただ凍りつくやうな暗闇の中で、おのづと睫と睫とが離れて來る。


 
 折口信夫「死者の書」の冒頭はこうして始まる。この小説は歴史と幻想に綾どって創作されている。これを読んだ私の魂は、あたかもこの小説の主人公中将姫(南家郎女)のように、刑死者大津皇子(滋賀津彦)の亡魂に呼ばれて幻想に彷徨い、とうとう二上山に導かれてしまった。

 さて、二上山を最初に訪れたのは、「死者の書」に出会って約1ヶ月後の2008年3月8日である。「死者の書」では彼岸の中日、つまり春分の日がキーデーとなっている。中将姫はある春分の日、二上山の雄岳・雌岳の間に太陽が沈む瞬間に、そこへ眠る大津皇子の幻を見る。春分の日を目前にしたこの旅で、私は、ちょうど夕日が二上山へ沈んでいくところに遭遇した。二上山を訪れる前日、近鉄奈良駅から大和八木へ向かう車窓である。

a0090198_21373929.jpg
  

 夕日を見、中将姫の心になりきった私は、翌朝、まず當麻寺へ向かった。ここには當麻曼荼羅にまつわる中将姫伝説がある。中将姫は、藤原四家の中で当時最も力のあった南家の藤原豊成の娘として生まれながら、継母に疎まれ、山へ捨てられるなど大変な苦労をした。16歳になると自ら望んで出家し、17歳のときに當麻曼荼羅を一晩のうちに織り上げ、29歳で西方浄土に召されたという。この姫の存在自体が架空かもしれないというのが歴史の面白さであるが、折口はこの伝説に想を得、全く違った動機で中将姫に曼荼羅を織らせている。恋に恋するお年頃である処女中将姫は、成仏できないでいる大津皇子の魂に導かれ、二上山の麓のこの當麻寺まで奈良から雨の中を徒歩で辿り着く。

   春の山満身創痍の女を抱く あきこ

 翌夜、天若御子と化した大津皇子が中将姫を訪れる・・・。

(十三章)
 つた つた つた。
 又、ひたと止む。
 この狹い廬の中を、何時まで歩く、跫音だらう。
 つた。
 郎女は刹那、思ひ出して帳臺の中で、身を固くした。次にわぢ/\と戦きが出て來た。
 天若御子――。
 ようべ、當麻語部嫗の聞した物語り。あゝ其お方の、來て窺ふ夜なのか。

(中略)
 白い骨、譬へば白玉の竝んだ骨の指、其が何時までも目に殘つて居た。帷帳は元のまゝに垂れて居る。だが、白玉の指ばかりは細々と、其に絡んでゐるやうな氣がする。
 悲しさとも、懷しみとも知れぬ心に、深く、郎女は沈んで行つた。山の端に立つた俤びとは、白々とした掌をあげて、姫をさし招いたと覺えた。だが今、近々と見る其手は、海の渚の白玉のやうに、からびて寂しく、目にうつる。
 長い渚を歩いて行く。郎女の髮は、左から右から吹く風に、あちらへ靡き、こちらへ亂れする。浪はたゞ、足もとに寄せてゐる。渚と思うたのは、海の中道である。浪は兩方から打つて來る。どこまでも/\、海の道は續く。郎女の足は、砂を踏んでゐる。その砂すらも、段々水に掩はれて來る。砂を踏む。踏むと思うて居る中に、ふと其が、白々とした照る玉だ、と氣がつく。姫は身を屈めて、白玉を拾ふ。拾うても/\、玉は皆、掌に置くと、粉の如く碎けて、吹きつける風に散る。其でも、玉を拾ひ續ける。玉は水隠れて、見えぬ樣になつて行く。姫は悲しさに、もろ手を以て掬はうとする。掬んでも/\、水のやうに手股から流れ去る白玉――。玉が再、砂の上につぶ/\竝んで見える。忙しく拾はうとする姫の俯いた背を越して、流れる浪が泡立つてとほる。
 姫は――やつと、白玉を取りあげた。輝く、大きな玉。さう思うた刹那、郎女の身は、大浪にうち仆される。浪に漂ふ身……衣もなく、裳もない。抱き持つた等身の白玉と一つに、水の上に照り輝く現し身。
 ずん/\とさがつて行く。水底に水漬く白玉なる郎女の身は、やがて又、一幹の白い珊瑚の樹である。脚を根、手を枝とした水底の木。頭に生ひ靡くのは、玉藻であつた。玉藻が、深海のうねりのまゝに、搖れて居る。やがて、水底にさし入る月の光り――。


 きわどいシーンが美しい。夢から覚めた中将姫は、中日に二上山に見た俤びと、白玉の指を持つその人を恋慕うようになる。

 其は黄金の髮である。髮の中から匂ひ出た莊嚴な顏。閉ぢた目が、憂ひを持つて、見おろして居る。あゝ肩・胸・顯はな肌。――冷え/″\とした白い肌。をゝ おいとほしい。(中略)おいとほしい。お寒からうに――。(十五章)

 此機を織りあげて、はやうあの素肌のお身を、掩うてあげたい(十八章)


 葬られている彼の人は着物も朽ちて寒かろう。彼の人を包む着物を作って差し上げたい、その一心で姫は曼荼羅を織り上げる(注:筆者の独断的解釈)。

a0090198_21253465.jpg 當麻寺の門前通りは、他の観光地の寺ならば土産物屋になっていそうな建物が、今でも普通のしもた屋である。その不思議な時空間をまっすぐ行くと、美しい三重塔を擁する當麻寺に出る。そしてその向こうに二上山を望むことができる。大津皇子はその二上山に眠っている・・・。



  

  うつそみの人にあるわれや明日よりは二上山を弟世(いろせ)とわが見む 大伯皇女



a0090198_212627.jpg 大津皇子は、天武天皇の第三皇子で、母は天智天皇の皇女大田皇女である。謀反を密告され24歳で処刑される。自分の生んだ草壁皇子を皇太子にと願う鵜野讃良皇后(持統天皇。大田皇女は同母姉)の意向があったとされている。先に挙げた歌は、仲の良かった姉大伯皇女が、大津皇子の墓移転の際に詠んだものであり、この地区の至るところで紹介されている。「死者の書」では、自分が二上山に葬られていることを、姉が墓の前で詠んだこの歌で知ることになっている。『懐風藻』によると、大津皇子は優れた詩人であるばかりでなく、身体逞しく容姿に優れ、学問を好み、漢籍の知識が深く、武芸を好んだ、人柄も闊達にして謙虚、という抜群の男性とされている。
 「死者の書」においては、処刑される直前に目を合わせた藤原氏の娘、耳面刀自に未練を残し、その後裔である中将姫を招き寄せてしまう大津皇子だが、妻である山辺皇女が後を追って自刃している。また、万葉集には石川郎女との素敵な相聞歌が残されている。

  あしひきの山のしづくに妹待つと我立ち濡れぬ山のしづくに     大津皇子 
  吾を待つと君が濡れけむあしひきの山のしづくにならましものを  石川郎女

 この世に様々な未練を残したまま処刑された大津皇子・・・。私は大津皇子の魂を慰めるべく、山道を歩いている。横を流れるせせらぎの音が心地よい。水のある山道はいいものだ。大津皇子に想いを馳せ、ここが二上山だと言い聞かせながら、この山道を歩く。
ふっと尾根に出た。そこは馬ノ背と呼ばれるところで、道が二手に分かれている。左が雌岳、右が雄岳へ向かう道である。一瞬迷ったが、まず低い方の雌岳(474m)へ登ることにする。
a0090198_21504126.jpg 雌岳の山頂はきれいに整備された公園である。日時計があり、老夫婦や子供連れ、仲間で来ている人たちもいる。登ってきたままの向きの先には葛城山、その先が金剛山。後ろは信貴山。東は大和盆地、西は河内の平野を見下ろす。大和盆地は霞みの中にあり、その向こうに笠置山地の山々が浮かんでいる。


   下萌えやふはりふはりと人の恋  あきこ
   
 さあ、大津皇子に逢いに行かねば。眺望のある雌岳で、持参のパンとりんごを食べ、雄岳(517m)との鞍部へ下りる。雄岳は眺望がなく、閑散としていた。神社があり、その横に樹で囲まれた小さいがひんやりとした異様な空間もあり、長居したい所ではない。木々の間から、金剛山を眺められるのがわずかな救いとなっている。
 a0090198_21484539.jpg大津皇子の墓は頂上にはなく、ほんの少し下にある。鳥居があり、墓石があり、門が閉じられ、宮内庁管轄であることを示す看板がある。鳥居の向こうは鬱蒼とした樹々で小山のようになっており、小さな古墳のようでもある。
 ここは河内と大和を見下ろせる場所。「死者の書」では、大津皇子の墓を二上山へ移すにあたり、鵜野讃良皇后に「罪人よ。吾子よ。吾子の為了せなんだ荒らび心で、吾子よりももつと、わるい猛び心を持つた者の、大和に來向ふのを、待ち押へ、塞へ防いで居ろ。」と言わせている。
 両手を合わせた。縁あってここに来たことを想った。今では多くの人が二上山を訪れる。大津皇子ももう寂しくはないだろう。その御霊も慰められていることだろう。安心して成仏してください。と祈った。

   満たされし恋も悲恋も山笑ふ  あきこ

 最初の訪問から5週間あまり後の4月13日。私は再び二上山を訪れた。そこは満開の桜で春が満ち溢れていた。きっと大津皇子も、心安らかに眠っているに違いない。

a0090198_21262425.jpg


   春満ちて死者も眠たくなりしとや あきこ


                          文・写真 四宮暁子
[PR]
by basyou-ninin | 2008-04-13 20:49 | 吟行

芭蕉・嵐雪をたずねて

洞雲寺・本教寺吟行(池袋界隈吟行)               平成19年10月3日
旧暦の10月12日は芭蕉忌、13日は嵐雪忌である。新暦では11月21日、22日なので、早くはあったが、二人に縁のある寺を訪ねることにした。
先ずは芭蕉ゆかりの洞雲寺をめざし、地下鉄有楽町線要町駅から祥雲寺坂を上って行く。総勢13人である。

鳥渡る雲の字のある寺ばかり          健二

洞雲寺の手前にある祥雲寺に寄ってみる。

色鳥やお稲荷さんの小さきこと         洋子
a0090198_14203264.jpg

祥雲寺から洞雲寺へ廻った。
a0090198_14223968.jpg

洞雲寺には木造の芭蕉像があるということだった。入口から本堂まで30メートルもないような小さなお寺である。
a0090198_1532340.jpg

深秋の梅花仏とも呼ばれたる          喜代子

芭蕉を真ん中に左に梅花仏、右に玄武仏とある。これは後に見る位牌と同じである。芭蕉像を見るために来たので、岩淵代表が頼むと、作務衣の僧がお堂の戸を開けてくれた。本堂は暗くて仏様のお顔は分からない。

手をつきし畳の冷えや阿弥陀仏         千晶

芭蕉像を見たいと頼むと、どこからか取り出してきて、座っている目の前に置いてくれた。
a0090198_1503235.jpg

芭蕉像軽し茸のなほ軽し             喜代子
露けしや耳も目もある芭蕉像           昌子
やや寒の胸に入れたき芭蕉像          遥

お位牌もあるはずで拝見したいと頼む。少し分からないような様子であったが、奥に行って持ってきて、芭蕉像の隣に置いた。この池袋にある洞雲寺は、もとは関口芭蕉庵の近くにあり、明治になってここに移されたとのこと。関東大震災にも無傷で、この大戦中に焼夷弾が寺の前に落ちたときも焼けずにすんだそうである。どこかひなびた懐かしいl感じを残しているのはそのせいなのだろう。

寺を出てさらなる寺へひやひやと        昌子
廃屋にシャツ干されたる雁渡し          伸子

洞雲寺を出て、一旦、要町駅に戻り、嵐雪のお墓のある本教寺の東池袋まで地下鉄に乗る。東池袋駅から本教寺の裏門まで2-3分である。
a0090198_153402.jpg

裏門のそばの家の2階で雀がさわがしい。どうやら雀の昼餉時で、餌台のあたりを飛び交っている。境内の水道とポンプ井戸は江戸時代からの湧き水で、職人さんが昼食のために手を洗っていた。

乱れ萩手押しポンプのきしきしと        和代

蕉門十哲の一人、服部嵐雪のお墓をたずねて本堂の脇から表門の方へ行く。門の手前に見つかった。遅い萩が茂っている。さっぱりと大小のお墓が並んでいる。芭蕉の死後に江戸の俳諧を其角と二分した人のお墓だが、供花もなく持ってくればよかったと思った。それでも残っているだけでもいいのかもしれない。
a0090198_1534258.jpg

路地奥に嵐雪の墓鳥渡る            伸子
嵐雪やうすむらさきの秋の水          遥
戒名に雪の一文字秋の蝶            健二
雪中庵嵐雪の墓帰り花              昌子
嵐雪の墓の秋蚊に喰われけり         喜代子
嵐雪の花筒の水澄みにけり           八雪
箒目にかからぬほどの萩の花         かぐや
嵐雪に言の葉かける秋の蝶           洋子
嵐雪の墓へ踏み石草の花            禎子
しじみ蝶二頭の去らぬ嵐雪碑          美智子
嵐雪の辞世のうたや萩さかり          絹子

嵐雪の墓石の後ろ側に下記の辞世の句が刻まれている。

一葉散る 咄一葉散る風の上          嵐雪
a0090198_16141524.jpg


お墓近くには青い木瓜の実がたわわに生っていた。
a0090198_15354691.jpg

表門をでると、その前がまたお寺である。歩いて行くと姉様かぶりの老女が行商の荷を並べて、近所の人も来ていた。葉唐辛子の佃煮を買い。おむすびなどの昼食にそえた。辛くなく丁度いい味だった。老女は千葉から2時間以上かかって来るそうでる。
a0090198_15534896.jpg

担ぎ女や白粉花の辺に下ろし          美智子
行商の秋刀魚の煮付け負けさせて       八雪

帰り道には豆腐屋もあった。

店番も昼寝なりしか新豆腐            かぐや

以上が大体1時間半ほどの吟行であった。

秋風のひとりが戻りみな揃ふ           喜代子

                               写真・文・上田禎子
[PR]
by basyou-ninin | 2007-11-02 20:22 | 吟行

近江吟行

近江といえば芭蕉である。三井寺、石山寺、幻住庵、岩間寺、義仲寺と芭蕉ゆかりの寺を訪ね歩いた。

6月25日(月曜日)
今回の一番の目的は三井寺(園城寺)の拝観である。京阪三井寺駅から琵琶湖疏水に沿って歩く。
a0090198_1204586.jpg

古い町らしい家並みへ曲がり、大津絵の店で掛け軸、団扇、風呂敷、一筆箋などに鬼、藤娘などの絵を楽しむ。
a0090198_1462358.jpg

三井寺ご出身の、柿本多映さんが待っている仁王門を探して、しばらく万緑の生垣に沿って歩く。反対側には団地などがあり窓に傘を干している。
片蔭をひろい大津絵の鬼に会ふ          恭子
枇杷の実を落ちるにまかせゐる真昼       喜代子
仁王門に着きようやくお会いできる。三井寺でお育ちになった柿本さんによると、昔は狸や鼬がいたそうである。森林浴している気分になる。
三井寺の門くぐらばや青葉風           竹野子
遥かより来て親しさや夏蓬             千晶
普通では見ることのできない国宝の光浄院客殿へ案内してくださり、甥御さまの説明を聞く。ときどき蛙の声が混じる。
a0090198_931364.jpg

涼しさや香炉ひとつが違ひ棚           千晶
襖絵の墨の流るる兜虫              喜代子
黴もまた史蹟に生きて武者隠し          恭子
お庭は高い夏の木々に囲まれていて、あちらこちらに今にも落ちそうな泡の塊が池の水面へたれさがっている。お庭も池が広縁の真下まできていて客殿と一体化した構成。
a0090198_122144.jpg

古池や森青蛙卵生む                竹野子
光浄院から境内を案内してくださる、すたすたとゆく柿本さんの足について行くのが結構大変であった。下の写真は閼伽井屋でぼこぼこと千年以上前から湧き続けている。
a0090198_1225641.jpg

堆き時の音する涌井かな               紀子
地の声となりて噴きつぐ岩清水            和代
閼伽井屋の真清水が音胸を打つ          恵子
突然孔雀の声が聞こえた。境内で飼っているとのこと。
緑陰に愛を求める孔雀かな            竹野子
有名な三井寺の晩鐘を誰かが撞いてみたけれど、弱い音だったので、柿本さんがお手本を示してくださった。みんな一打ずつ撞いたがそれぞれに強弱があった。名鐘だけあって音色は良かった?ようである。
三井寺の鐘つく夏帽小さく折り            恭子
湖を来て三井晩鐘の深みどり           喜代子
a0090198_1241799.jpg

鐘楼から大師堂、三重塔、そして深い木立の中を鶯や三光鳥など鳥の声を聞きつつ観音堂まで行き、そこから琵琶湖を眺める。ただ、口惜しいことに湖畔にマンションがたち、景観を妨げている。
a0090198_13184386.jpg

涼しさや天地をとほす杉木立            千晶

鳴き声は眼抜きの竜か青葉闇          竹野子
青梅雨や千年回す摩尼車              和代
男梅雨晴れて女坂を降りにけり         竹野子
観音の目つむりて聞く三光鳥            恭子
手ぬぐいに三井の染め抜き五月雨るる      和代
三井寺を出づればこの世沙羅の花         紀子
三光鳥座れば風が顔にくる            喜代子
山門に虫食いの跡青時雨             禎子
下の写真の観月の舞台からは比良、鈴鹿連峰が望めるそうである。
a0090198_1262163.jpg

入口近くの売店まで戻り、しばらく休憩をする。飴氷を飲んだりする。
柿本さんとこちらでお別れをする。尊い仏様などを拝まさせていただき、有り難き午後であった。別所駅まで車を手配してくださり、すっかりお世話になってしまった。
a0090198_127040.jpg

柿本多映さんは「俳句研究」7月号に「現代俳人の貌4」として特集されている方である。代表句の一つは
馬を見よ炎暑の馬の影を見よ          柿本多映
宿泊の石山寺で下車をした。瀬田川に面している宿であった。
a0090198_1274080.jpg

瀬田川の一の唐橋夏の雨            恵子
唐橋を遥かに梅雨の傘ひらく          竹野子
夕飯は近江牛、鮎の塩焼き、湯葉のあえものなど地のものが用意され、お腹一杯いただいた。そして句会、寝たのは11時過ぎだったろう。早朝の新幹線からの長い一日であった。
鮎の宿淡海の風を通しけり            恭子
鮎の腸苦きも楽し淡海かな            禎子
一夜さの一幕かべを這ふ百足          竹野子

6月26日(火曜日)
早朝の瀬田川ではボートの練習をしていた。
宿から石山寺へ7-8分の距離である。途中、菩提樹の花が満開であった。
a0090198_1294795.jpg

菩提樹の花仏は剣手に持ちて           禎子
石山の石である。周囲の木々の緑が映えて美しい。どこか神秘的な感じもする。天延記念物。
a0090198_14312084.jpg

工事中の山門から緑ゆたかな境内に入る。石山寺は紫式部が源氏物語の想を得たところとしても有名である。紫式部展が開かれてをり、見るのを楽しみにしてきたのであった。九時前の境内では夏落葉などを掃いている清掃の人たちに出会う。梅雨茸があちこちに生えている。
a0090198_12115226.jpg

本堂、鐘楼、芭蕉庵、式部の像を見て、10時前には展覧会場に着く。早かったが入れてもらう。源氏物語絵巻、屏風、貝合わせ、芭蕉の自画賛などが展示されていた。芭蕉は石山寺に2-3回来ている。写真は芭蕉庵と月見亭でる。
a0090198_12132725.jpg

常の目を離れし石山寺涼し            恭子
石山のこれはとばかり青蜥蜴          竹野子
涼やかに胎内仏の佇みぬ             禎子
紫式部見舞ふ蛍が火灯窓             恵子
a0090198_1214392.jpg

未央柳反り屋根美しき多宝塔          千晶
夏うぐいす一字写経に切を書く          紀子
梅雨茸の朱の散らばれる恋の道       禎子
極楽のとなり地獄や蜘蛛の糸           竹野子
もとのやうに御籤を畳む濃紫陽花        喜代子
石山寺駅へ戻り、電車で石山へ。こちらになじみのないものには駅の名がややっこしい。バスで幻住庵へ。芭蕉が滞在して「幻住庵記」を書いたところである。小さい鳥居をくぐり、上り道の子供達の短冊を読みつつ庵の下までゆく。幻住庵記の陶板があった。庵まで可愛らしい階段をのぼり、庵へゆくと、訪れている人もいて、庵主は忙しくしていた。庵は二間ほどであった。
a0090198_1215116.jpg

老鶯や幻住庵記読み耽り             竹野子
とほきこゑ幻住庵の青葉闇           紀子
幻住庵趾茂りにまかす木立かな         禎子
幻住庵から芭蕉の汲んだ泉へ下りる。道のところどころに俳句が電灯に書かれていて、泉は今でも湧いている。
とくとくの泉に冷やす石工鑿            恵子
もてなしの蚊にあづかりし指の先      紀子
折角来たのだからと幻住庵からタクシーで岩間の寺へ。青田を遠近に見ながら山を上っていく。家々の軒先には玉ねぎが吊るされている。寺は紫陽花が迎えてくれ、芭蕉の「古池の」の句が生まれたという池があった。背景は夏山である。山奥なので人が来ないと思ったが、意外にも来ている。バス停から40分もあるところである。
a0090198_12154018.jpg

国分山その奥岩間ほととぎす          竹野子
あぢさゐの鞠の上なる岩間寺          紀子
鳴き切って老鶯消ゆる岩間寺           恭子
岩間寺から唐橋へ向かう。タクシーに待っててもらい、下車して唐橋を眺める。
a0090198_13222977.jpg

唐橋から義仲庵へ。実は前日に立ち寄ったのだが、月曜日とて門が閉まっていた。今日は開いていて中はこじんまりとして芭蕉の葉があおあおと靡いている。
a0090198_1217242.jpg

義仲寺に名前呼ばれてゐたりけり        喜代子
芭蕉塚蛙の交る真昼かな             千晶
木下闇翁安んじ眠りをり              禎子
蕉翁の文字の傾く半夏生             紀子
a0090198_1415080.jpg

義仲庵の受付で其角の「終焉記」を買い、膳所の駅まで徒歩で戻った。
膳所の僧白緒白足袋白日傘           恵子
膳所の駅へ出て吟行は終わった。分かれたあとに唐崎へ回った方もいた。
青梅雨支ふ唐崎の松三代目           恵子
大津をめぐりきて
汗にじむ大津に多し翁の跡            恵子
以上がににんの二日間の吟行であった。念願の近江に来ることができて幸せな時間であった。
夏落葉過去つみ重ねつみ重ね          恭子
                
                         写真・文・上田禎子
 
[PR]
by basyou-ninin | 2007-10-20 16:26 | 吟行

嵯峨野吟行 番外編その二

嵯峨野吟行   落柿舎投句

「落柿舎」 秋季号182号が送られてきました。その中の「落柿舎(全国)投句箱」に掲載されました。

五月雨や一夜に柿の落つ咄     伊丹竹野子

竹野子さんの句は特選20句の中のです。

老鶯の鳴き終わるまで息とめて   上田禎子

記念に載せておきます。上田禎子
[PR]
by basyou-ninin | 2006-10-21 16:03 | 吟行