香港吟行記 (2012年11月24-26日)

 東京から皆さんをお迎えし香港での吟行が実現した。昨年十一月下旬のことである。季節感に乏しい香港ではあるが晩秋から初冬といった頃合である。雨が降ったり止んだりするあいにくの空模様となった。
 初日の晩、早速上海蟹を食べに出掛ける。何よりも上海蟹の季節に合わせて香港訪問の日程を組まれた皆さんであった。うまいと評判の店に着き、先ずは十文字に縛られた生きたままの蟹を見せてもらう。青黒く泥のような色をしている。それを調理すると鮮やかな蟹の色に変わる。柿のような色である。赤々と蒸された蟹の味噌を啜り、手足をばらばらにして肉をほじる。

  縛られし上海蟹は青黒く  小塩正子
  円卓や上海蟹を食べつくし  服部さやか
  指先に上海蟹の香が残り  中崎啓祐
a0090198_1327524.jpg

 食後は二階建のオープン・トップ・バスで夜の街へ。目抜き通り(彌敦道、ネーザン・ロード)に張り出した大きな看板をくぐるようにしてバスは街中を進み、路地を抜け、女人街に着く。女性向けを中心に洋服、バッグ、アクセサリーといったファッション用品や日用雑貨の露店が所狭し並ぶ。値段はあってないようなもの。さてどこまで値切れるか、値切りながらの買い物がまた楽しい。

  看板の上に看板冬の街  岡本恵子
  偽時計売る男たつ冬の街  中崎啓祐
  冬の夜の値切れば負かる女人街  新木孝介
a0090198_13365855.jpg

 翌朝は小雨の中、路地裏の粥屋へ連れ立つ。壁にはぺたぺたと手書きのメニュー。中には怪しい日本語に訳されたものもある。各自好みの具を選び大振りの椀でそれぞれの粥をすする。

  朝粥や海を隠くせし冬の霧  岩淵喜代子
  路地裏の粥待つ朝の時雨かな  新木孝介

 
 朝粥で腹拵えの後は午前中は九龍の下町を散策する予定。先ずは花墟街(フラワー・マーケット)を抜け園圃街の雀鳥花園(バード・ガーデン)へ向かう。花墟街では歩道にも車道にもさまざまな花を並べて売る。季節柄、ポインセチアの赤が目を引く。
 
  火の中に火の芯見ゆるポインセチア  岩淵喜代子
 
 雀鳥花園はあいにくの雨でひとはまばら。晴れた日には自慢の鳥を籠に入れ、おじさんたちが鳥談義に熱くなり、時には鳴合せなどもする。奥へ行けば鳥籠を積み上げて目白や鴬を売り、鳥籠や餌入れといった小物を売る店が並ぶ。鳥の餌も売る。生餌として蝗の類がネットに詰められて売られている。そのうごめく光景は人目を引き異様である。

  男らの手には鳥籠秋時雨  服部さやか
  軒下に鳥籠吊す時雨かな  服部さやか
 

 そして通称「金魚街」(通菜街)。金魚や熱帯魚を売る専門店が軒を連ねる一角である。小さな金魚はビニール袋に入れられて店先に並ぶ。中国語では「金魚」と「金余」の発音は同じで、金魚は財運に良いとされる。

  路地裏で金魚売らるる冬ぬくし  新木孝介
  金魚屋の路地に飛び交ふ広東語  服部さやか
a0090198_13405388.jpg

 地下鉄でヴィクトリア・ハーバーをくぐり香港島へ渡る。昼食は香港ならではの飲茶。湯気を立てたワゴンが客席を廻り、好みの蒸篭を選ぶ昔ながらのスタイルの店だ。大きな丸テーブルを囲んでの和やかなひと時となった。

  湯気立てし飲茶のワゴン呼び止めて  小塩正子
  霜月や飲茶の店の湯気まみれ  岩淵喜代子
  飲茶して雨粒の跳ね見つめおり  兄部千達

 
 昼食後、香港島南部の淺水灣(レパルス・ベイ)で海の守り神である天后を祀る天后廟(ティンハウミュウ)を訪れ、赤柱(スタンレー)のマーケットをひやかす。

  天后(ティンハウ)の海図広げむ霧の島  岡本恵子
  赤柱(スタンレー)まで淋しき虻を連れてゆく  岩淵喜代子
  冬雀赤柱(スタンレー)の市の人だかり  岡本恵子

 
 そして思い切って西貢(サイクン)へ足を延ばす。少々遠いのだが、ぜひ皆さんに新鮮な海鮮料理を楽しんでいただきたい。海岸沿いの海鮮街には生簀や水槽が並び、好みの食材を選び、好みの調理法で料理してもらうのだ。大きな蝦蛄をにんにく風味に揚げたものが人気あったようだ。

  甲乙もなくて海鼠は桶の中  岩淵喜代子
  海鮮をいさましく食う冬港  兄部千達
  冬めきて大きな蝦蛄を分け合へり  新木孝介
  秋燈の外で皿拭く嫗かな  岡本恵子
 
a0090198_13423142.jpg

a0090198_1343541.jpg

 夕食を終え、とっぷりと日が暮れた。さて、ヴィクトリア・ピークへ行こう。摩天楼の立ち並ぶ香港自慢の夜景を堪能しよう。しかし、その日は一日雨であった。ピークに着けば霧も深い。時折あたり一面まっ白となり何も見えなくなる。それでも雨が小降りとなった折、霧の切れ間に夜景を垣間見る。いつもとちがい妖しげに幻想的ともいえる夜景が滲んでいた。

  冬霧は香港島をすべて消し 兄部千達
  鉛筆の如きビル群霧流る  小塩正子
a0090198_1345180.jpg

 夜が深まり、天星小輪(スター・フェリー)で家路に着く。百年以上も庶民の足として香港島と九龍を往来してきたフェリーである。十分足らずの船旅であるが、海抜ゼロから見上げる夜景もまた乙なものである。潮風が疲れた体に心地良い。

  秋風やスター・フェリーの灯が揺れる  新木孝介
  海沿いを歩いて宿へ暮の秋  服部さやか
a0090198_1346253.jpg

新木孝介記
[PR]
by basyou-ninin | 2012-11-24 10:00 | 吟行
<< 愛宕権現七草火焚き神事 須賀川 松明あかし >>